【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)

【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)の画像5
イメージ画像:「Getty Images」

古谷  医療や政治・金融の深い部分を知るには、多少の時間がかかるでしょう。だけど自分や大切な人を守るために避けること無く、是非、勉強していただきたい。今は専門家でなくても、誰でもインターネットなどで情報を学べ、専門家と一般人との垣根が無くなってきている時代です。

 また、一人一人の“在り方”としては、トップダウンの情報や集団心理に従うことから、まずは抜け出ることです。とにかく、全てに対して良い意味で疑いを持ち、自分独自の判断と行動基準を持つ精神性を身に付けること。選ぶ側の市民が利口になれば、政治やメディアも路線変更せざるを得ないでしょう。

 もう一点、未来を担う子供達のことを、真剣に考えるべきでしょう。例えば必要性が無いマスクですが、ウイルス予防より他人の目を気にするいわゆる同調圧力によって、着けている人が大多数です。しかし、大人たちのその安易な妥協が、子供達への強制も生み出していることに気づいて欲しい。酸欠や皮膚疾患などの身体的な害よりも、情操教育において重要な多感な少年・少女時代における“表情を消された”日常の繰り返しは、もっとも大切なコミュニケーション機能に大きな欠陥を持つ大人を大量生産する可能性があるのではないでしょうか。

――なるほど……。マスク一つをとっても、根深い問題が多くあるのですね。

古谷  忘れられてはいるが本当に素晴らしい日本人の精神性や強靭性、その本能を呼び覚ますことも、この禍を抜け出る有効な手段だと考えています。時代を溯り、戦国時代に、実は今回のプランデミックを引き起こしている者たちと同じグループが、日本の支配を企てたことがあります。イエズス会による恐ろしい陰謀に気づいた織田信長や豊臣秀吉は、したたかかつ強力に、彼らの意図を退けました。その結果、20世紀前半までは世界で一度も欧米の植民地になったことがないという、非常に稀有な独立国家を維持しました。しかし、第二次世界大戦後のGHQ支配によって大規模な骨抜き洗脳が行われ、日本人はかなり弱体化させらています。

 日本人が本来持っていた素晴らしい精神性は、その“生き方の歴史”から来たものです。私が力をいれる活動の一つに、「和ハーブ」の掘り起こしと普及があります。和ハーブとは、江戸時代以前から日本人が有用してきた植物を総称した造語であり、コンセプトです。日本はその国土の大半が森林で、食・薬、その他の生活素材のほとんどを植物に頼ってきた国。つまり、和ハーブを知ること=私たちの生き方の歴史そのものを知ることであり、その探求は日本人本来の精神性を呼び覚まし、“古くて新しい日本の文化”を創造することに繋がるでしょう。

【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)の画像6
左:古谷暢基氏、右:筆者

 人の健康を支える栄養素も、薬効成分も、その起源物質のほとんど全てが植物体内で合成されたものです。それを知り、深遠な自然の摂理に接することで、その自然の一部でしかない人間が作り出した医学や科学、あるいは今回のウイルス騒動やワクチン、さらにはもう一つのブラックボックスである農薬や種子問題に代表される“食”の虚構に気づく感性が呼び起こされる……。そんな風に僕は思っています。

――ありがとうございました!


 昨今、マスクをしない人は白い目で見られる社会になってしまった。海外では取締りの対象となることさえある。今後、新型コロナワクチンの接種に関しても、接種しない人はさまざまな施設の利用が制限されるなど不利益を被るようになってしまうかもしれない。このような市民の分断こそ、「彼ら」の思う壺だろう。本来日本に根付いていたはずの和を尊ぶ精神は、皆に同じことを強制することではなく、それぞれの意見を加味した上で集合智を醸成する姿勢だったはずだ。古谷氏の言うように、マスクもワクチンも「周りがやっているから」ではなく、まず自らの意志で考え、人々の意見を総合してより良い方法でこの災厄を乗り切るべきなのだ。

~おわり~


新型コロナワクチンの恐ろしい正体に迫った前編はコチラ!

古谷暢基
国際補完医療大学 日本校学長・医学博士・一般社団法人和ハーブ協会理事長。北里柴三郎の子孫であり、かつてロックフェラー財団の日本支社に9年勤務した経験もある。

一般社団法人和ハーブ協会
国際補完医療大学ホームページ
ダイエット検定
入浴検定
著書一覧

★古谷暢基氏がナビゲートするフォーラム、2月21日(日)開催!!★
詳細はコチラ → 
https://ncforum20201103.com/

文・取材=深月ユリア

 

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに』(明窓出版)大好評発売中!

★動物福祉のためのクラウドファンディング実施中!
https://readyfor.jp/projects/60508

深月ユリアの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【新型コロナ】ワクチンに秘められた恐ろしい真実!! 「現代医療は脅迫商売」医学博士で北里柴三郎の子孫がタブーを暴露(インタビュー)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル