【閲覧注意】警察に撃たれた逃走男が「トンデモない死に顔」で昇天! 確実に天国に行けなかった恐ろしい表情!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】警察に撃たれた逃走男が「トンデモない死に顔」で昇天! 確実に天国に行けなかった恐ろしい表情!の画像1画像は、「theYNC.com」より

 カナダ・オンタリオ州ナイアガラ・オン・ザ・レイクで今月5日午後2時22分頃、飲酒運転が疑われる男が警官に撃たれる事件があった。

 情報筋によると、男が運転していた車両は同州ハミルトンで盗難届が出されていた赤いピックアップトラックで、何件もの轢き逃げ事故を引き起こしていたという。オンタリオ州警察とナイアガラ・パークス警察のパトカーが12台以上出動して追跡を行った。トラックはパトカー2台にぶつかって動けなくなったとされる。その後、銃撃戦が起き、トラックに乗っていた27歳の男が重傷を負い、病院に搬送されたが死亡した。同乗者であるもう一人の男は肩を負傷したものの、命に別状はなかったという。

 日本では実感がわかないが、海外では車両を使って逃走する容疑者が警察によって銃撃されることも少なくない。そして、銃弾を浴びせられた容疑者がその場で無残な死に方をすることもある。そんな悲惨な現実を撮影した動画を海外の過激動画共有サイト「theYNC.com」から紹介しよう。

 銃撃後に停まった車が映っている。車内には2人の男が乗っており、助手席の男は腹部を撃たれたものの、息はあるようだ。しかし、運転席の男は既に事切れている。頭に被弾した衝撃からか、眼球が飛び出した“トンデモナイ死に顔”である。

 コメント欄には「彼は警察に見張っているように言われた」「この日、彼は間違いなく現実に目を向けることになった!」「少なくとも彼らはマスクを着けているので、新型コロナウイルスからは逃れている!」など、男の死を嘲笑うかのような発言があふれている。事件の詳細は不明だが、死亡した男もまさかこんな顔で絶命し、死後もネット上で中傷されることになろうとは思ってもいなかっただろう。

 銃社会では、警察の命令に従わなければ、射殺されても自業自得とされる。海外で車を運転しているときに警察に呼び止められたら、命を守るためにも素直に従った方が賢明である。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】警察に撃たれた逃走男が「トンデモない死に顔」で昇天! 確実に天国に行けなかった恐ろしい表情!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル