【閲覧注意】新型コロナワクチンを接種した女性、体の震えが止まらなくなり…!! 副作用を必死に訴える映像が超話題!=米

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】新型コロナワクチンを接種した女性、体の震えが止まらなくなり…!! 副作用を必死に訴える映像が超話題!=米の画像1画像は、「WorldStarHipHop」より

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、菅義偉首相は先月4日、2月下旬までにワクチンの接種開始を目指す意向を示した。今月19日には、ワクチンの接種を迅速に進められるよう河野規制改革担当大臣を中心に政治主導で対応していく考えを表明した。国内で唯一承認の申請を行っている米大手製薬会社「ファイザー」からは6千万人分の供給を受ける予定である。

 一方、ファイザー製ワクチンに問題があると訴える声も上がっている。その中でも、米ルイジアナ州に住むブラント・グリナーさんが今月15日にFacebookで公開した動画が拡散され、話題となった。ブラントさんの母親は数日前、ファイザー製のワクチンを接種した。しかし、彼女は震えが止まらなくなり、歩くことさえ困難になった。動画には、壁やドアを手でつかんで何とか移動する彼女の姿が映っている。ベッドに横たわった後も、体の震えは止まらないようだ。ブラントさんは次のようなメッセージを動画に添えた。

「本日、母はさらに悪化しています。これを治療する方法について、医師からの回答はまだありません。彼女のために祈ってください。このような母に会うのは耐えられません。泣きたいです。私は彼女を助けるために何もできないことを知っています。 新型コロナウイルスのワクチンを接種しないでください」

 動画は約16万回シェアされ、3万5千件を超えるコメントが寄せられた。ブラントさんに対して真実かどうかを疑う意見もあった一方、ワクチン接種によって深刻な健康被害が引き起こされたと主張する数百のメッセージも受け取ったという。

 露メディア「RT」のインタビューに応じたブラントさんは、母親に起こったことについて、嘘偽りはないと答えた。彼によると、両親はウイルスに感染する確率を下げるためにできる限りのことをしたいと思っており、特に母親はワクチン接種を熱望していたという。ブラントさんは、母親がワクチン接種を受けた病院の情報を明らかにすることを拒否し、同病院がネット上で中傷に晒されることを望んでいないと述べた。

 ブラントさんの母親は45歳ですこぶる健康だったため、これまでに一度も深刻な病気などにかからなかった。しかし、彼女はワクチン接種の翌日に頭痛で目が覚め、数日後には左足に発作のような震えが現れた。4日目には自分の足を制御できなくなって緊急治療室に搬送された。病院側の説明では、彼女が神経性の反応が生じていて、ワクチン中の金属によって引き起こされた可能性があるという。現在退院した彼女は、定期的に検査を受けている。医師は、脳の損傷がなければ、彼女は完全に回復すると考えている。

 ファイザーは本件を調査しているが、これまでのところワクチン接種によって神経性の反応が引き起こされる事実を確認できていないと述べるにとどまった。

 ノルウェーでは、ファイザー製ワクチンを接種後、健康状態が悪化した高齢者29人が亡くなった。同国内で少なくとも1回目のワクチン接種を受けた4万2千人のうち29人である。米国では、190万回のワクチン接種で、重度のアレルギー反応は21例である。ファイザー製ワクチンに対する死亡者数と副作用は少ないという指摘もある一方、真剣に不安を訴える声、さらに不安に輪をかける情報など、さまざまな意見があふれているのが現状だ。日本では国民にワクチン接種の努力義務が課せられることになる見込みだが、私たちは情報を自ら精査し、自らの意思でワクチンを接種するかどうかを決めることが求められている。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】新型コロナワクチンを接種した女性、体の震えが止まらなくなり…!! 副作用を必死に訴える映像が超話題!=米のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル