1発1200円、中国最貧地帯の中国人売春婦(21)にインタビュー! 小6でレイプされ、同級生20人とSEX

関連キーワード:

,

,

,

 中国に来ると必ず見かけるものがある。著作権無視の「パクリ遊園地」に代表されるように、ミッキーマウス、ドナルドダック、ウルトラマン、ドラえもんといったパクリキャラは、「別に見たくもないのに〜」と思っていても目に入ってくる。そして、そのほとんどがどこか変。オリジナルを知らないで作っているから、トンデモなものに変質してしまっている。

 まぁ、中国の「パクリ遊園地」について今更どういう言ってもしょうがない。いつまで経っても改善されないのだから放置しておくことにしよう(笑)。それに、自国の価値を落とすような問題は他にもある–「売春」の問題だ。街角から置屋はなくなってしまったが、似たような業務形態は地方に残っている。


 湖北省の省都・武漢市からバスを乗り継ぐこと4〜5時間も行けば、ひなびた村に辿り着く。アタリマエだけど、そこにいるのは地元の人ばかり、外国人観光客の姿は皆無だ。観光に来るようなところでは決してないが、こうした所こそ“穴場”である。ポテトチップを食べながら歩いていると、20代前半くらいの女の子が声をかけてきた。

「あ。ポテトチップ! それ美味しいわよね〜。わたしも好きなの。パリパリしてるし。ところでお兄さんは、中国人? この辺では見かけないような格好だけど、もしかしてシンガポール人?」

 ポテトチップに“喰いついてきた”女の子は、そう言いながらこちらをジロジロ見てきた。「目的はなんだ?」。こんな経験は初めてだった。

「今からどこか行かない? 公園もあるから、お散歩でもいいゎ。わたしの店にはカワイイ娘もいっぱいいるわよ〜」

 湖北省北部にある農村部から来ているという紅海(仮名・21歳)は、これから“出勤”するところだった。ついて行ってみることにした。

「週3で店に出ているの。昼過ぎからね。この店はちょっとした作業をしているところで、裁縫の仕事が多いわね。でもね、アレの方もやってるの。こんな仕事だけじゃ食べていけないからね。ここにいる女の子はみんなそうよ」

 紅海はこの店に来てから半年くらいになるそうだ。寝泊まりしているところは、店が用意したボロアパート。他の女の子たちと共同生活をしている。いわゆる「按摩代」は、ショートで80元から100元(約1200〜1600円)で爆安。ロングはやっていない。トラブルが多いからだという。

1発1200円、中国最貧地帯の中国人売春婦(21)にインタビュー! 小6でレイプされ、同級生20人とSEXのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル