【近親相姦】フランスの超有名学者による鬼畜すぎる事件が発覚! 義息子13歳に… 仏は10人に1人が家庭で性的虐待を受けている!?

 フランスの有名政治学者オリビエ・デュアメル氏(70)の近親相姦疑惑が浮上した。それは、デュアメル氏の義理の娘による著書で明らかにされたのだ――。


■著名政治学者の家庭内児童性的虐待が暴かれる

 デュアメル氏の義理の娘カミーユ・クシュネル氏(45歳)は、労働法規の専門家として、大学教員や弁護士を務めている女性だ。

 クシュネル氏は著書『ラ・ファミリア・グランデ(大家族)』の中で、1988年に継父であるデュアメル氏が、当時13才の双子の弟への性的暴行を始め、それは数年間続いたと書いている。弟は姉のクシュネル氏にだけは真実を告げていたが、デュアメル氏から口止めされ長年、このことは家庭内での秘密として保たれていたという。

【近親相姦】フランスの超有名学者による鬼畜すぎる事件が発覚! 義息子13歳に… 仏は10人に1人が家庭で性的虐待を受けている!?の画像1
デュアメル氏を告発した義理の娘の著作『ラ・ファミリア・グランデ(大家族)』 「BBC」の記事より

 フランス検察当局は、この件で予備調査を開始すると発表した。しかし、事件は30年以上が経過しており、時効が成立していると考えられる。

 デュアメル氏は、パリ政治学院の財団組織FNSP会長で、政界にも強いパイプを持っている。この報道がなされた後、同氏はこの会長職を含め、さまざまな役職から退くと発表した。また、氏はラジオやニュース専門テレビ局にレギュラー出演し、メディアでの露出も多いが、そのいずれも降板するという。

 デュアメル氏は、この申し立てを「個人攻撃」と表現し、一切、コメントを拒否している。

【近親相姦】フランスの超有名学者による鬼畜すぎる事件が発覚! 義息子13歳に… 仏は10人に1人が家庭で性的虐待を受けている!?の画像2
著名な政治学者で多くのメディアで活躍する政治学者のデュアメル氏 「FRANCE 24」の記事より

 フランスのフェミニスト運動集団「#Noustoutes」によると、この事件を契機に、#Metooincesteハッシュタグが、ツイッターで数百の証言を引き起こした。そこには次々に、子ども時代に受けたショッキングな性的被害の証言が投稿されている。

「私は5歳でした。ある晩、母の兄が私の処女を盗みました。私は100歳になったように感じました」とあるTwitterユーザーは報告する。

 別の投稿には「私はレゴで遊んでいました。その人物は、私の背後に回りました。そのときに私の成長は終わり、その後、私は生きることをやめました」とある。

 また「初めて被害を受けた時、私は3歳でいとこは14歳でした。とても怖かった。その後私の生涯は、何年にもわたってトラウマと記憶喪失が続きました」との投稿もある。

 女性と子どもに対する性的暴力と闘う団体 #NousToutesは、これらの証言は、児童保護の専門家が何年にもわたって、言い続けてきたことを裏付けていると述べ、近親相姦の罪を犯す人は、あらゆる職業、階層に存在するという。

【近親相姦】フランスの超有名学者による鬼畜すぎる事件が発覚! 義息子13歳に… 仏は10人に1人が家庭で性的虐待を受けている!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル