竹内涼真主演『君と世界が終わる日に』に批判殺到!日テレドラマは「続きはHuluで」が当たり前?

竹内涼真主演『君と世界が終わる日に』に批判殺到!日テレドラマは「続きはHuluで」が当たり前?の画像1
画像は、「『君と世界が終わる日に』公式ホームページ」より

 24日放送された竹内涼真主演の日本テレビ系ドラマ『君と世界が終わる日に』第2話の視聴率が8.2%であることがわかった。初回放送も8.4%と予想より低調で、苦戦を強いられている。しかし、その理由はドラマのクオリティそのものだけではなく、動画定額配信サービス「Hulu」との関連性にもあると見られている。

 同ドラマは日本テレビとその傘下である「Hulu」の共同制作。プロポーズ前日、トンネル滑落事故に遭い閉じ込められてしまった主人公の間宮響(竹内涼真)が、命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変していた。“生ける屍”がうごめく世界で、響は恋人の来美(中条あやみ)を必死に探す。ラブストーリーとミステリーを絡めたゾンビサバイバルドラマだ。

 超人気俳優の竹内涼真と中条あやみを中心に据え、飯豊まりえ、田中美智子、大谷亮平、滝藤賢一らが脇を固める盤石の布陣。さらには主題歌は菅田将暉の「星を仰ぐ」で、ヒット間違いなしと見られた今作だが、蓋を開けてみたら視聴率は一桁続きの低空飛行だった。season1の全10話をテレビで放送し、season2の全6話を有料サイトの「Hulu」で配信するというスタイルも、低視聴率の理由の一つになるだろう。

 強引に有料会員へと導くシステムに、ネット上では「やり方汚くない?」「露骨すぎ」「面白いけど途中で終わるなら離脱します」「面白かったら嫌だから最初から見ない」とドラマのクオリティ以前の問題として視聴を拒否する声が多数上がっている。

 評判の悪い「続きはHulu」でというやり方だが、「君と世界が終わる日に」の場合は初めから明言しているだけマシかもしれない。過去には、最終回が放送されてから、または中盤で発表があった日本テレビ系ドラマは数多い。


■「愛してたって、秘密はある。」

竹内涼真主演『君と世界が終わる日に』に批判殺到!日テレドラマは「続きはHuluで」が当たり前?の画像2
画像は、「『愛してたって、秘密はある。』公式ホームページ」より

 福士蒼汰と川口春奈の共演で話題を呼んだ2017年放送の「愛してたって、秘密はある。」は、最終回を終えた際に「本当の完結編」が「Hulu」で配信されることを発表。実際は無料トライアル期間での視聴もできたが、騙していたかのような仕打ちにネットは大炎上した。「続きは動画配信サイトへ」の先駆け的なドラマとなった。ちなみにドラマ公式サイトでは、「本当の完結編」という表現について謝罪のコメントが掲載されている。

竹内涼真主演『君と世界が終わる日に』に批判殺到!日テレドラマは「続きはHuluで」が当たり前?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル