死因として「エクストリーム・オーガズム」が公式に認定される! “極度の絶頂死”事件とは?

関連キーワード:

,

,

,

死因として「エクストリーム・オーガズム」が公式に認定される! 極度の絶頂死事件とは?の画像1
画像は「Daily Star」より


 風俗嬢を訪ねて死亡した男性の死因として「極度のオーガズム」が公式に認められたことを英紙「Daily Star」(1月25日付)が報じている

 2020年8月18日、アフリカ大陸にあるマラウイ共和国のファロンベという町で女性とセックスをしていたところ、地元の男性チャールズ・マジャワさん(35)が急死したという。

 マジャワさんはファロンベの風俗嬢を訪ねていた。その死因は検死で「エクストリーム・オーガズム(extreme orgasm、極度の絶頂)」とされた。ファロンベ警察のイノセント・モーゼス氏の報告書によると、死亡した男性は、女性とセックスをした後に意識を失い、まもなく死亡が確認された。クライアントの急死に驚いた関係者の女性は、警察に死亡を報告する前に、同僚に相談したという。

 検死官は「脳内の血管が破裂した過度のオーガズムによるもの」と死因を記載したため、警察は女性をマジャワ氏の死に対して責任があると見なさず、逮捕していないとのことだ。この事件について地元紙は、「性的興奮と甘美さのあまりに死亡した」と報じた。

死因として「エクストリーム・オーガズム」が公式に認定される! 極度の絶頂死事件とは?の画像2
画像は「Daily Star」より

 この悲劇的な事件はマラウイの国民的なジョークのようなものになっており、この件に関するジョークがSNSを席巻。たとえば、「ファロンベ産の砂糖、自己責任でどうぞ」と書かれた砂糖の入った麻袋の画像や、「ファロンベが来たぞ」とキャプションを付けられた男たちが乗った車の写真などが、マラウイのフェイスブックに溢れたという。

死因として「エクストリーム・オーガズム」が公式に認定される! 極度の絶頂死事件とは?の画像3
画像は「Daily Star」より

 多くの人が一体どんなプレイをしていたのか関心を示しているそうだが、性行為中の突然死、俗にいう“腹上死”はしばしば起こる。もともと高血圧や心臓の疾患など持病がある人が、性行為による興奮によって心拍数や血圧が上昇したことにより、脳出血や心停止に至ることが多いと言われている。

 つまり、マジャワさんは逝く前にイッたかどうかは分からない。おそらく行為の途中で逝ってしまった可能性の方が高いだろう。しかし、それだけの興奮できるだけのセクシーな女性がお相手だったことは間違いないだろう。

参考;「Daily Star」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

死因として「エクストリーム・オーガズム」が公式に認定される! “極度の絶頂死”事件とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル