【閲覧注意】 長さ10cmだったチンコが一瞬で4cmになった男…! アフターコロナの中国で一体何が

※ 2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】 長さ10cmだったチンコが一瞬で4cmになった男…! アフターコロナの中国で一体何がの画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 世界各国では、新型コロナウイルスとのまさに命を懸けた戦いが続いているが、感染拡大の抑制に成功したとされる中国では、同じ医療でも全く異なる分野に人々の関心が移っているようだ。

 中国紙「都市快報」によると、男性の包茎手術が増加しているという。記事によれば、杭州市内の病院で行われる包茎手術の件数は、新型コロナ感染拡大前の2019年の同月比で約3割増しとなっているらしい。ところがその一方で、手術中の事故も起きているようだ。

 包茎さえ直せば、未来は明るい……。河南省洛陽市に住む「張さん」という男性も、昨年大晦日の12月31日に、市内にある第一人民病院の泌尿器科で包茎手術を受ける前までは、おそらくそう思っていたのだろう。ところが手術後、張さんのペニスは、手術前の10センチからなんと4センチに短くなっていたのである。

 このままでは自分の将来に関わるため、病院に問い合わせたところ、病院は曖昧な対応しかしてこない。怒った張さんは、ネットでこのことを公にしたのだった。

 しかし病院側は、「手術後、ペニスの裏側に突っ張り感があるから短く感じるだけだ」と言うのみである。その後、病院で3回にわたり診察してもらっても「ペニスの表側の皮には十分な長さがあるが、裏側の皮の一部が短くなっているので(短く感じる)、3カ月たったらもう一度状況を見ればいい、その後の治療費は無料だ」と言われたという。

 張さんはその対応に不満を持ち、別の専門医師に診てもらうことを主張。病院側と数度にわたり話し合った結果、河南科学技術大学の第一附属病院で診てもらうことになったという。

 医療過誤によって男性の象徴にキズがついてしまったのは張さんだけではない。中国のSNSには包茎手術による被害を訴える声が少なくない。

「ひとつ上の男」を目指したら、短小になってしまったのでは、まさに元も子もない……。
(文=佐久間賢三)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

■2021年11月29日~12月5日「今週の不幸を回避し...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】 長さ10cmだったチンコが一瞬で4cmになった男…! アフターコロナの中国で一体何がのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル