2月19日は映画監督のデレク・ジャーマンがエイズの合併症により死亡した日! 同性愛とHIVをテーマにした作品『Blue』の衝撃

2月19日は映画監督のデレク・ジャーマンがエイズの合併症により死亡した日! 同性愛とHIVをテーマにした作品『Blue』の衝撃の画像1
(画像はWikipedia Blue (1993 film)より使用。Public Domain)

『デレク・ジャーマン最後の監督作品「Blue」のイメージ』

 1994年2月19日は映画監督のデレク・ジャーマンがエイズの合併症により死亡した日である。

 1974年の『In the Shadow of the Sun』でデビューし、1980年代はPetshop Boysやthe Smithらのミュージックビデオ等を制作した実験的な映画監督であったデレクはまた、1986年にHIVウィルスに感染して以来、その事実と自らのゲイであるというセクシュアリティを公表し、社会的な発言をしてきた人物としても知られている。さらには、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の直後にイギリス南部のケントにあるダンジェネスという原発施設の危険区域内のコテージに引っ越し、終生をそこで送ったことでも知られている。

 自らの映画作品も『セバスティアン』『ザ・ガーデン』のように同性愛をテーマにした作品が多く、最後の作品となった『Blue』も同性愛とHIVをテーマにした作品であるが、何よりの特徴は74分間という長編映画でありながら画面は終始真っ青のままであることである。

 同作品の製作時期はエイズによる合併症でほとんど視力を失っていたということも関係しているという説もあるが、作品は全編通じてこのような青い画面のまま、ナレーションとBGMによってのみ展開してゆく。

 では、なぜ青だったのか? デレクが愛していたという画家のイヴ・クラインの青に啓発されたという説がよく語られているが、死後の2013年にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのデイヴィッド・ジェムズらが発表した、「生物が死ぬ際に青い光を放つ」という科学的な研究成果にその理由を見出すものも出ている。

 果たして、死ぬ間際のデレク・ジャーマンは青い光を見ていたのだろうか?

 それは誰にもわからないが、死にゆくエイズ患者がエイズによる死という恐怖を淡々と描ききった『Blue』が、映画史に残る美しさを湛えていることは明らかである。

<2月19日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

タイのUFO聖地で冥王星人が残した予言がヤバい!「2020年に地球は……」

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

11月29日~12月5日にアナタを襲う悲劇がわかる4択診断! Love Me Doが開運法指南

■2021年11月29日~12月5日「今週の不幸を回避し...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

2月19日は映画監督のデレク・ジャーマンがエイズの合併症により死亡した日! 同性愛とHIVをテーマにした作品『Blue』の衝撃のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル