芸能レポーターが絶対に「負け惜しみ」で言ってしまう“あるセリフ”とは?

関連キーワード:

,

,

芸能レポーターが絶対に「負け惜しみ」で言ってしまうあるセリフとは?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 少し前の、戸田恵梨香と松坂桃李の結婚には多くの人が衝撃を受けたはずだ。付き合っている情報もなく、尚且つ直前に結婚情報が漏れることもなく、文字通りの電撃発表となったからだ。

 しかし、この件で意気消沈していたのが、芸能レポーターだったという。

「芸能レポーターはある種の専門職です。芸能人の結婚離婚や熱愛、スキャンダルなどを常に情報収集しているのですが、近年は週刊誌の情報網が上を行き、レポーターの価値は低下しています。それでも何かしら知られざるエピソードなどを持っているので重宝されてきましたが、この件でさらに価値が低下したといわれています」(ワイドショー関係者)

 確かに熱愛を調べるのが仕事だけに信用低下は免れないのだろう。レポーターたちはどう振舞っているのか。

「本当は顔面蒼白でクビにおびえていると思いますが、表面的には強がっていますよ。自分の情報収集能力が低いと悟られないために口が裂けても『戸田さんと松坂さんの件を知らなかった』とは言いません」(同)

 知らなかったものは知らなかったはずだが、今後の仕事を考えると簡単には言えないのだろう。

「ただし、あからさまに『実際は知っていた』と言えばウソがバレます。そのため、以前から芸能レポーターが負け惜しみとして必ず言うセリフがあるんです。それが『業界の一部では有名だった』です。誰もが知っていたように発言するとこれまで情報が洩れなかったこととの整合性に問題が生じるので、一部で有名だったと言うわけです。これによって自分は以前から知っていたと取り繕っているつもりのようです」(同)

 たしかに過去のワイドショーなどを見直すと、ノーマークだった芸能人のニュースが出た際には薬物であっても熱愛であっても、このような発言をしているレポーターは数多くいるようだ。

「素直に『何も知らなかった』と言えばいいんですが、やはりそれでは今後の仕事がなくなるので、『世間は知らなかったものの、自分たちレポーターの間では有名だった』と言わないといけないわけですね。ただ、それを受けて深く聞こうとすると何の情報もないのですぐにボロが出ます。そもそも一部で有名だったのであればさっさと言えという話ですけどね」(同)

 芸能レポーターと言えどもすべての芸能人をマークしているわけではない。敗北は敗北として素直に認めるようになってほしいものだ。

文=吉沢ひかる

吉沢ひかるの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

芸能レポーターが絶対に「負け惜しみ」で言ってしまう“あるセリフ”とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル