【悲報】コロナの後遺症に長期的な勃起不全、発覚! 医師「本物の懸念事項」ワクチンを打つべき最大の理由か?

画像は「Daily Star」より

 新型コロナウイルス感染症に思いも寄らない後遺症があることが明らかになった。英紙「Daily Star」(2月2日付)が報じている。

 ドイツ人医師アクセル・ユルグ・ポテンパ氏は、新型コロナウイルスの長期的な不作用として「勃起不全」が認められることを警告した。現在ポテンパ氏は、新型コロナウイルスに感染した後、勃起に問題が見られた32人の男性を治療しているという。新型コロナウイルスに感染し、回復しても、それから数か月にわたって勃起に問題がおこるというから恐ろしい。

 その理由であるが、ポテンパ氏によると、コロナウイルスが「テストステロンやデヒドロエピアンドロステロンといった男性ホルモンの形成を阻害する」ためだという。治療としては、男性の生殖器官への血液供給を増加させるバイアグラなどの薬で治療することができるが、効果が出るまで数か月かかることもあるそうだ。

「インポテンツの問題がコロナのワクチン接種が理にかなっているもう一つの強力な論拠であることの理由はこうしたものです。ワクチン接種によって見込まれる長期的な健康と性欲への影響に比べれば、その副作用は明らかに少ないものです」(ポテンパ氏)

画像は「Daily Star」より

 米科学者デナ・グレイソン博士は、ポテンパ氏の理論に賛同しており、「新型コロナウイルスによる勃起不全は本物の懸念事項である」と語っている。

「新型コロナウイルスが血管系の問題を引き起こすことから、勃起不全の長期的な問題が懸念されます。このウイルスは、致死的であるだけでなく、潜在的に長期的、あるいは一生涯にわたる合併症を引き起こす可能性があります」(グレイソン博士)

 新型コロナウイルスの最初の症例が発見されてから1年以上経過したが、まだまだこのウイルスには未知のリスクがあるようだ。いずれにしろ、とにかく感染しないことが重要である。マスクの着用、手洗いうがい、外出自粛など出来る限りの対策を取りたい。

 

参考:「Daily Star」、ほか

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【悲報】コロナの後遺症に長期的な勃起不全、発覚! 医師「本物の懸念事項」ワクチンを打つべき最大の理由か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル