DV、骨折、地獄の束縛…前田敦子と勝地涼夫妻の“エゲつなさすぎる”リーク内容とは!?

関連キーワード:

,

,

,

DV、骨折、地獄の束縛…前田敦子と勝地涼夫妻のエゲつなさすぎるリーク内容とは!?の画像1
前田敦子不機嫌そうな写真集 (小学館)

「夫婦喧嘩は犬も食わない」。まさにその言葉がピッタリ当てはまるのが、元AKB48の前田敦子と俳優の勝地涼夫妻だ。2人は先日、「サンケイスポーツ」が離婚危機と報道。現在、代理人を通じて離婚協議の真っ最中という。

「やっぱりね…」。多くの人がそう思った離婚報道だが、舞台裏では揉めに揉めているという。

 2人は2018年夏、交際4カ月でスピード婚。翌年3月には第一子となる男の子が誕生した。聞けばその頃から夫婦の間にはすきま風が吹き始めていたそうで「前田さんがナーバスで、勝地さんは『飲みにも行けない』と撮影現場でこぼしていました。束縛が厳しく、少し帰宅が遅れただけで延々と文句を言われるそうです。勝地さんはそれを『地獄』と形容していました」(スポーツ紙記者)という。

 結局、2人の結婚生活はわずか2年半でピリオド。先に動いたのは勝地だ。ワイドショー関係者の話。

「勝地さんの周辺者がサンスポに離婚に向けて協議中であることをリーク。前田さんがいかに束縛してきたか、いかに気性が荒いかを強調する内容になっていました。前田さんサイドは寝耳に水の出来事だったそうです」

 こうなると、あとは泥仕合。やられたら、やり返す――今度は発売中の「女性セブン」(小学館)で、離婚の原因が勝地のDVにあったかのような記事が掲載された。同誌によると、2019年5月ごろ、2人は取っ組み合いのケンカを繰り広げ、倒された前田が骨折。車いす生活を余儀なくされたという。

「こちらは前田さんの周辺者が女性セブンにリークしたと言われています。そこには前田さんのみならず、勝地さんの束縛グセについても詳細に書かれていた。現時点でまだ夫婦なのに、タレント生命を賭けた潰し合いをしている。まさに『誰トク?』な展開になっています」(ワイドショー関係者)

 前田は昨年末に所属事務所「太田プロダクション」を退社し、独立した。女優として海外進出の夢もあるという。スポーツ紙記者は「海外を目指すなら、この手の泥仕合は1日も早く解決した方がいい」と話すが…。

 近日中にも前田、勝地の“爆弾ネタ”第2弾が投下されるという情報もある。不憫なのは物心ついた時に夫婦の“醜態”をネットで目にすることになる我が子だろう。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

DV、骨折、地獄の束縛…前田敦子と勝地涼夫妻の“エゲつなさすぎる”リーク内容とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル