【閲覧注意】飛び降り自殺者がベビーカーの赤ん坊を“瞬殺”!! 発狂する母親、最悪すぎる「巻き添え自殺」決定的瞬間=露

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】飛び降り自殺者がベビーカーの赤ん坊を瞬殺!! 発狂する母親、最悪すぎる「巻き添え自殺」決定的瞬間=露の画像1画像は、「theYNC.com」より

 大阪市北区の阪急・大阪梅田駅近くで昨年10月、商業施設「HEP FIVE」の屋上から大阪府立高の男子生徒(17)が飛び降りて自殺し、買い物に訪れていた女子大生(19)が巻き添えになって死亡した。防犯カメラの映像などを調べた警察は、男子生徒が1人で扉の鍵を開けて屋上に上がっていたことから、飛び降り自殺を図ったとみている。また、事件の前に、男子生徒はSNSに自殺をほのめかす内容を書き込んでいたとされる。警察は先月13日、巻き添えにすることを予測できたとして、男子生徒を重過失致死の疑いで容疑者死亡のまま書類送検した。

 飛び降り自殺の巻き添えになった女子大生は気の毒としかいいようがない。しかし、このような不運な事故は世界中でしばしば起こっている。露ヴォロネジ州ヴォロネジで今月4日、建物の17階から男が飛び降りて自殺し、母親が押すベビーカーに乗っていた男の子(5カ月)が巻き添えになって死亡した。その決定的瞬間をとらえた監視カメラ映像が海外の過激動画共有サイト「theYNC.com」に投稿された。

 ベビーカーを押す母親が、アパートの近くの歩道に沿って歩いている。ベビーカーの向きを変え、車道を渡ろうとした次の瞬間、頭上から猛烈な勢いで落下してきた男がベビーカーに直撃した。砕け散ったベビーカーと、路上に投げ出された赤ん坊――。頭部から出血が見られる男は倒れたまま動かない。母親は赤ん坊に駆け寄って抱き上げたのだった。

 数分後、救急隊が現場に到着して赤ん坊を蘇生させようとしたが、赤ん坊の命は助からなかった。男は現場で即死したと報告された。事故の目撃者によると、母親は錯乱状態に陥り、医療スタッフが鎮静剤を注射しなければならないほどだったという。地元メディアは、赤ん坊は彼女の長男であると報じた。

 飛び降り自殺は無関係の人の命まで奪いかねない最悪の自殺方法である。たとえ死にたくなったとしても、決して飛び降りを選択してはならない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】飛び降り自殺者がベビーカーの赤ん坊を“瞬殺”!! 発狂する母親、最悪すぎる「巻き添え自殺」決定的瞬間=露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル