【閲覧注意】激ヤバ部族のレイプ魔が捕まる決定的瞬間! 犯した後に眼球を抉り取ろうと… 動画拡散の背景に不穏な意図も!?

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】激ヤバ部族のレイプ魔が捕まる決定的瞬間! 犯した後に眼球を抉り取ろうと… 動画拡散の背景に不穏な意図も!?の画像1画像は、「theYNC.com」より

 ナイジェリア・オンド州アクレで今月2日、女性をレイプしていた男が住民に捕まってリンチされている光景をとらえた動画がSNSで拡散された。レイプ魔はハウサ語を話すフラニ族であるとみられ、住民からの質問に対して自分の名前と出身地さえ答えることができなかったという。また、男は被害者から目を抉り出そうとしていたとされる。

 動画は海外の過激動画共有サイト「theYNC.com」で公開されている。映っているのは、手を縛られた全裸の男と仰向けに倒れた女性、彼らを取り囲む住民らの姿だ。住民らは板や木の棒を手にして、レイプ魔を殴りつけながら質問を繰り返す。女性は倒れたまま起き上がれず、微かに頭を動かすだけだ。彼女の体から流れた血が地面を赤く染めている。

 目撃者によると、レイプ魔は住民に火をつけられそうになったが、警官が到着して制止したことで一命を取り留めたという。彼と被害者は警官によって病院へ搬送された。両者とも意識を取り戻していないため、事件の詳細はまだ明らかになっていない。

 動画に関する通報を受けた州警察広報担当官、ティー=レオ・イコロ氏は、事件について確認したが、被害者の家族は発見できていないと述べた。また、動画が古いものである可能性を指摘した。

「私たちも動画を見て、噂となっている地域にあるすべての署に、それが本物かどうか調査することを命じました。どの署からも正式な報告がないためです。しかしながら動画は拡散され、誰もがオンド州で撮影されたものだと言っています。今お話ししているように、事件がどこでいつ起きたのかはわかりませんが、古い動画が口コミで広められようとしているのだと思われます」

 フラニ族はイスラム教を信仰する遊牧民で、キリスト教徒の集落を襲撃して略奪や虐殺を行うことで知られている。今回の動画はフラニ族に対する人々の憎悪を煽り、分断をもたらすことを目的に拡散された可能性も否定できない。真実が明らかになることを願うばかりだ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】激ヤバ部族のレイプ魔が捕まる決定的瞬間! 犯した後に眼球を抉り取ろうと… 動画拡散の背景に不穏な意図も!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル