宮迫博之を待ち受ける残酷な現実とは? とてつもない不快感を…

関連キーワード:

,

,

宮迫博之を待ち受ける残酷な現実とは? とてつもない不快感を…の画像1
画像は「宮迫博之公式ブログ」より引用

 一昨年の闇営業騒動で吉本興業を退社し、YouTubeを中心に活動するも、テレビ復帰を願ってやまない宮迫博之に厳しい現実が突きつけられた。吉本の大﨑洋会長はFRIDAYの直撃に「辞めてまで吉本のことネタにすんな」と突き放したのだ。この一言は重く、YouTubeはともかくテレビでは吉本芸人とは共演NGを意味する。宮迫の願いが届くことはなさそうだ。

 YouTubeのチャンネル「宮迫ですッ!」の登録者数は135万人を超え、不祥事以前よりも稼いで鼻高々の宮迫だが、唯一叶わないのがテレビ復帰だ。一連の闇営業騒動で自分のウソを棚に上げて吉本上層部を批判したことで怒りを買い、いまだ和解の道は見えていない。

「初めは明石家さんまを頼り、さんまも和解の道を探るも途中で宮迫がYouTubeの方に行って立ち消えに。最近では吉本の大﨑会長と仲が良い島田紳助まで引っ張り出したが、吉本は許すつもりは一切ない」(芸能関係者)

 そんな宮迫にも昨年末、一筋の光が見えた。12月29日未明放送の「クイズ・ピンチヒッター」(フジテレビ系)に、ロンドンブーツ・田村淳から掛かってきたテレビ電話で出演したのだ。番組司会は東野幸治だったことからいよいよ雪解けかとも思われたが、そう簡単な話ではない。

「東野は『フジテレビの悪い人がテレビ電話って言うのよ』とネタにしていたが、吉本が事前に了承していないわけはない。それをOKしたのも、ここでダメだと言うと『圧力を掛けられた』などと言われるから。とりあえずテレビ電話という形なので認めたということ」(前出関係者)

 これを皮切りに、本格的にテレビ復帰となってもよさそうだが、そうなっていないのはやはり吉本が許していないからだ。この間、焦る宮迫はYouTubeで様々な芸人と対談し、テレビにかける思いを語ってきたが、フライデーに残酷なインタビューが掲載されてしまった。

 大﨑会長は「いや、(吉本に)もう戻らんでええと思うで。いちいちYouTubeでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよって。今、十分稼げてるんやから、ややこしいことしなくてええやろ」と言い放ったのだ。色々とYouTubeで自分の願望や言い分ばかりを口にしていることに釘を差した形だ。

 このインタビューはテレビ局にとっても重大な意味を持つ。大﨑会長は宮迫のテレビ復帰について「テレビ局と直接やったらええやん。吉本がテレビ局に圧力かけたり、逆にテレビ側が気をつかって降ろすとか噂されてるけど、そんなんあるわけない」とも語っているが、テレビ局としては額面通りに受け止められない。

「世間ではどのようなイメージを持っているかは分かりませんが、大﨑会長がここまでハッキリと突き放すようなことを口にするのは本当に珍しい。それだけ宮迫にとてつもない不快感を持っているということで、仮に吉本芸人と共演なんてことになったらどこかで大きなハレーションが起きることは確実。ということはやはり共演させられず、同時に宮迫のテレビ復帰も難しい」(テレビ局関係者)

 宮迫にとって、残酷なインタビューとなった。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

宮迫博之を待ち受ける残酷な現実とは? とてつもない不快感を…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル