【閲覧注意】回転ブランコが“一気に倒壊”する遊園地事故の決定的瞬間!! 吹っ飛ぶ乗客、潰される見物人… 狂気の中華アトラクション

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】回転ブランコが一気に倒壊する遊園地事故の決定的瞬間!! 吹っ飛ぶ乗客、潰される見物人… 狂気の中華アトラクションの画像1画像は、「theYNC.com」より

 今月13日午後1時40分ごろ、中国湖南省邵陽市邵陽県内の遊園地で回転ブランコ「フライングチェア」のゴンドラが次々に落下し、16人が負傷する事故が起こった。負傷者のうち3人が重傷だという。このときの様子を撮影した動画がネット上で公開されて話題となっている。

 動画はフライングチェア利用者が撮影したものである。勢いよく回転するゴンドラに乗った人々が、スリリングな体験に叫び声を上げている。次の瞬間、ドンッという音が響き渡り、地面や鉄柵などを映しながら画面が乱れ、真っ暗になった。ガチャガチャという金属音と人々の叫び声などが聞こえる。画面が変わって、事故現場を映し出す。地面に横たわる人々の姿が見える。

 遊園地の利用者である鄧さんは、自分は乗車のための列に並んでいたが、ゴンドラが空中を回っているときに突然故障警報音が聞こえたと中国誌「新京報」に語った。

「回転ブランコはスピードを上げてどんどん速く回っていきましたが、その後に落ちて地面にぶつかりました。負傷者のほとんどは見物人でした。幸いなことに、私たちはすぐに逃げ出しました。さもなければ、私たちも打撃を受けたでしょう」

 事故は、遊園地が非常に混雑する旧正月の2日目に起きた。地方自治体は、フライングチェアは「機械的な不具合」に見舞われたと述べた。

「施設は旧正月の1カ月以内にセキュリティチェックを受け、検査の結果、すべてが正常であることがわかりました。中国のニュースポータルである『界面新聞』によると、事故が発生したとき、スイッチが誤動作しました」

 事故後、遊園地は閉鎖され、何人かの職員らは拘留された。事故原因の調査が開始された。

 同様の事故は以前にも国内の遊園地で発生している。 2014年には、12歳の少女が回転ブランコから転落して負傷した。2017年には、甘粛省で回転ブランコが崩壊し、20人が負傷した。また、以前トカナで報じた通り、2018年にはパキスタンで、中国製アトラクションが崩壊し、12歳の少女が死亡し、25人が負傷する事故が起きた。海外にも普及しつつある中国製アトラクションが本当に安全基準を満たしているのかどうかは疑わしい。今回の事故が、中国国内で遊園地の運営が見直されるきっかけになることを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】回転ブランコが“一気に倒壊”する遊園地事故の決定的瞬間!! 吹っ飛ぶ乗客、潰される見物人… 狂気の中華アトラクションのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル