「もはやテレビ局は支えきれない…」大物司会者がテレビから完全に消える!?

関連キーワード:

,

,

画像は「Getty Images」より引用


 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言で、関係各所は大ダメージを受けている。もちろんテレビ局も例外ではない。広告収入は衝撃的なレベルで落ち込み、コスト削減を進めざるをえない状況に追い込まれている。ギャラの高いタレントの起用はできなくなっており、ビートたけしですらいよいよ危険水域に入った。早ければ年内にレギュラー番組打ち切りの可能性が出ている。

 ここ10年ほどタレントのギャラは低下の一途をたどっている。多くの人が思っている以上にギャラは安く、「若手だとゴールデンでも数万円なんてこともザラにある」(芸能関係者)という惨状だ。

 その中でも芸能界はメインMCのギャラの水準だけは維持しようと、一致団結してテレビ局と交渉してきたのだが、いよいよコロナ禍でそれも崩れた。

「メインが下がるとそれ以下のタレントのギャラも下がり、再浮上できなくなるため、そこだけはキープしようと必死に交渉してきたけど、テレビ局はもう受け入れられなくなった。ギャラを下げられ ないのならば、番組ごと終わらせてしまえというのが今の流れで、高額ギャラをもらっていた小倉智昭の『とくダネ!』が終わることになったのはいい例」(テレビ局関係者)

 もはや大御所といえども関係なし。それぐらいコロナは甚大な影響を及ぼしているのだ。実はこの春の番組改編でも、トップ中のトップ芸人の番組打ち切りが一度は検討された。「ビートたけしです。とにかくギャラが高い上に、値下げしてくれる様子もない。それどころかちょっと前にはギャラアップまで要求された。いくら世界のたけしでも、もはやテレビ局は支えきれない」(前出関係者)

 土曜日の情報番組「新・情報7DAYSニュースキャスター」(TBS)を筆頭に、1990年から30年以上にわたって続いている 「世界まる見え!テレビ特捜部」(日テレ)、「奇跡体験! アンビリバボー」(フジ)など、ほとんどのレギュラー番組が打ち切り対象にあがったというのだ。「もしかしたら全てのレギュラー番組が一気になくなるのでは? という話まで出ていた。特に視聴率がいいわけでもなく、ギャラは高いのだから、切りたいというのが各局の本音」(前出関係者)

 しかし、今春は何とか生き残った。その理由として大きいのは、各局とも“一番最初”にはなりたくない、という日本のテレビ界特有の心理が働いたこと。過去にもたけしのレギュラー番組は何本も終 わっているが、今回は明らかにコロナ禍における収入源による制作費削減の一環と世間に見えてしまうという点では違っている。

「打ち切りに最も前のめりなのがニュースキャスターを抱えるTBS。ここが決断すれば、一気に崩れるだろう」(芸能関係者)

 秋の改編期が注目だ。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「もはやテレビ局は支えきれない…」大物司会者がテレビから完全に消える!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル