【閲覧注意】有能な弁護士夫婦が白昼堂々“メッタ斬り”で惨殺される決定的瞬間!! 実行犯は政治家、建築トラブルで逆恨みか!?=印

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】有能な弁護士夫婦が白昼堂々メッタ斬りで惨殺される決定的瞬間!! 実行犯は政治家、建築トラブルで逆恨みか!?=印の画像1画像は、「Kaotic.com」より

 今月17日午後2時30分ごろ、インド・テランガーナ州ペダパリ地区で弁護士夫婦が白昼堂々惨殺される事件が起きた。死亡したのはヴァマン・ラオさん(52)と妻ナガマニさん(46)。警察によると、彼らは裁判所での審理後、車で自宅へ戻ろうとしていたが、複数の人物に襲撃されたという。加害者らは車でラオさん夫婦の車を追いかけ、道路の真ん中で停車させた後、ココナッツを切るのに使う鎌で2人に切りつけた。

 事件を撮影した動画が海外の過激動画共有サイト「Kaotic.com」で公開されている。ラオさん夫婦は全身血まみれである。ざっくりと裂けた傷口も見える。2人の加害者が路上で襲撃する様子も撮影されていた。倒れて抵抗できないヴァマンさんを鎌で執拗に切りつけている。ヴァマンさんは立ち上がることすらできず、苦しそうに悶える。一方、ナガマニさんは車の後部座席でぐったりとしている。ガラスの割れた窓から、青白いナガマニさんの顔が映し出された。

 動画では、2台のバスが動けず停車している様子が確認できるが、1台が移動した後、そのスペースを利用して加害者らは逃げて行った。彼らは車に乗り込み、負傷して横たわっているヴァマンさんを轢いたとされる。

 ラオさん夫婦は救急車で病院に搬送される途中で亡くなった。ヴァマンさんは動画の中で、加害者の1人が地方政党「マンダルTRS」の党首、クンタ・スリーヌであると語った。同じ村に住むヴァマンさんらとクンタ容疑者は建物の建設をめぐって対立していたという。夫婦は数カ月前から、自分達の生活がクンタ容疑者と彼の支持者によって脅かされていると裁判所へ訴え、州政府による保護を求めていた。さらに、ヴァマンさんの兄弟のガッツ・シェカーさんは、クンタ容疑者らがラオさん夫婦を殺害すると脅迫していたと主張した。シェカーさんは「警察が彼らの身の安全を確保していたら、2人は今も生きていたでしょう」と嘆いた。

 警察は6つの特別チームを編成してクンタ容疑者らの逮捕に乗り出した。クンタ容疑者と彼の運転手のチランジーヴィ容疑者、アッカパカ・クマール容疑者を殺人などの疑いで、さらにクンタ容疑者の甥、ビッツ・スリーヌ容疑者が共謀の疑いで逮捕された。スリーヌ容疑者の証言によって、クンタ容疑者がヴァマンさんらに不法建築を阻止されたこと、殺人は4カ月前にも計画されていたが失敗したことなどが明らかとなった。警察は当初、殺人事件に政治的動機があったことを示唆する証拠はないとしていたが、クンタ容疑者の逮捕で政治的動機についても調査を始めた。

 逆恨みから弁護士を惨殺したクンタ容疑者らには、厳しい法の裁きが下ることだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】有能な弁護士夫婦が白昼堂々“メッタ斬り”で惨殺される決定的瞬間!! 実行犯は政治家、建築トラブルで逆恨みか!?=印のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル