3月26日はベートーヴェンが死亡した日! 聴力を失ってから16年の創作を続けた不屈の精神

3月26日はベートーヴェンが死亡した日! 聴力を失ってから16年の創作を続けた不屈の精神の画像1
(写真はWikipedia Heiligenstadt Testamentより使用。Public Domain)

『ベートーヴェンが31歳の時にしたためた弟と甥への手紙、通称「ハイリゲンシュタットの遺書」の1枚目』

 1827年3月26日は、世界音楽史において最重要人物のひとりに数えられる古典派音楽の巨人、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが死亡した日である。

 ベートーヴェンは20代後半頃から難聴に苦しんでいた天才音楽家であったが、40歳の頃には全聾になっていたといわれ、それ以降のおよそ16年の活動を聴力なしに行なったというのは誰もが知るベートーヴェンの超人的伝説である(もちろん数々の全聾ではなかったというエピソードも存在する)。

 しかし、31歳の時に書かれたこの“遺書”は、ベートーヴェンが自らの生涯を嘆き、絶望し、自ら命を絶とうとすることを残してゆく弟たちや世間に対し正当化するような文面で埋め尽くされ、いわば弱音の限りを告白したあまりにも人間臭い書簡となっている。

 その手紙はベートーヴェンの言いつけ通りに死後公開され、世界に驚きをもって受け止められた。

 聴力を失ってから16年の創作を続けたこととともに、死を決意してから26年もの間、数多くの名作を作り続けたことによっても記憶されるべきその人生であったといえるだろう。

<3月26日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

3月26日はベートーヴェンが死亡した日! 聴力を失ってから16年の創作を続けた不屈の精神のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル