3月28日は女性作家ヴァージニア・ウルフが入水自殺を遂げた日! 夫に贈った“世界でも最も美しい遺書”

3月28日は女性作家ヴァージニア・ウルフが入水自殺を遂げた日! 夫に贈った世界でも最も美しい遺書の画像1
(画像はWikipedia Virginia Woolfより使用。Public Domain)

『ヴァージニア・ウルフの肖像画』 画=ロジャー・フライ/1917年頃

 1941年3月28日は、20世紀のモダニズム文学に偉大な足跡を残した女性作家、ヴァージニア・ウルフが入水自殺を遂げた日である。

『ダロウェイ夫人』 『灯台へ』等の代表作で、英国文学界のみならず、世界的な名声を確立していたヴァージニア・ウルフであったが、その人生は常に精神的な落ち込みと隣り合わせの繊細なものであった。

 13歳時の母の急死、そこに重なる義姉の死は、最も多感な10代の彼女に神経症を引き起こし、22歳で父親が死亡した時には深刻な虚脱状態と鬱状態に陥り、精神科での入院治療を必要としたほどであった。

 以来、彼女は深刻な双極性障害に苦しみ、最愛のパートナーであり同じく作家である夫、レナード・ウルフとの“成功者”としての生活に於いても幾度かの危機を招くほどであった。

 そして1941年3月28日、遺作となる『幕間』を書き上げた後、コートの中に小石を詰め込んだウルフは、自宅からほど近いウーズ川で入水自殺を遂げた。

 原因は第一次大戦での自宅の崩壊や、自らが出版した妹の恋人であり友人の画家、ロジャー・フライの伝記が不評であったことなどが挙げられているが、その真相は定かではない。

 確かなことは、彼女に訪れた最後の鬱が、彼女には到底乗り切れるものではないという絶望感を引き起こしていたということだけであった。

 残された夫への遺書は、“世界でも最も美しい遺書”と呼ばれるほどに切ない文章で、自らの精神的窮状と夫への愛情を綴り、世界中のファンの感情を呼び起こした。

「私を救える人がいたとしたら、それはあなたでした。もう何もかも忘れてしまったけれど、あなたの優しが本物だということだけは覚えています(If anybody could have saved me it would have been you. Everything has gone from me but the certainty of your goodness)」

 彼女にとって鬱と闘うことはその時既に不可能であり、自殺こそが“最もすべきこと”「So I am doing what seems the best thing to do.」となっていたのであった。

 世界の文学史においても重要な役割を果たした作家として並外れた名声を獲得していた彼女であったが、その絶望は誰知らず深いものであったことに世界は驚いた。

 その悲しみの深さを表わすかのように、小石によって沈められた彼女の遺体は、20日後の4月18日まで発見されることはなかった。

<3月28日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

3月28日は女性作家ヴァージニア・ウルフが入水自殺を遂げた日! 夫に贈った“世界でも最も美しい遺書”のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル