世界中の新型コロナを集めてもコーラの缶半分に満たないことが判明! 世界を狂わしたウイルスの意外な真実

 コロナ一色のご時世だ。元の生活が無理なら、ニューノーマルを経て一新した安心できる暮らしを、一日も早くと願わずにはいられない。

 言うまでもないが、元凶は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だ。一刻も早く地上から消え失せてほしいわけだが、最近になってこの新型ウイルスに関する衝撃的なデータが明らかになった。なんと、世界中に存在するすべての新型コロナウイルスを集めても、コーラの缶1本分にも満たないらしい。

■世界中に蔓延する新型コロナウイルス総体積を計算

 英バース大学で数理生物学の上級講師を務めるクリスチャン・イェーツ氏は、『生と死の数学』の著者としても名高い。その彼が、BBCラジオ4の人気番組『More or Less』に依頼されて“世界中の新型コロナウイルス粒子の総量”を計算するという大役を依頼されたときは、正直まったく見当がつかなかったと語る。

「うちの奥さんに言わせれば『たぶん、オリンピック・プールくらいの大きさか、もしくはティースプーン1杯のどちらか』だそう(笑)」(イェーツ氏)

 イェーツ氏は、新型コロナウイルス総体積をはじき出すのに『生と死の数学』から編み出した概算法を利用し、大掛かりな計算を試みたという。なお氏は、これは最も合理的な仮定に基づいた近似値であると断りを入れている。

世界中の新型コロナを集めてもコーラの缶半分に満たないことが判明! 世界を狂わしたウイルスの意外な真実の画像1
「The Conversation」の記事より

 計算方法を大ざっぱに説明すれば、「毎日の感染者数×感染時のウイルス粒子の数=粒子の総量」を割り出し、それを公式に当てはめるというもの。

 まず、毎日の感染者数は「保健指標評価研究所」発表の推定300万人以上を採用。ウイルス粒子については、現在感染している人が持ち歩くウイルスの量(ウイルス負荷)は、感染してからどれくらいたっているかによって異なるが、平均的には感染してから6日後にウイルス量が増加しピークを迎えると考えられているため、ピーク時のウイルス負荷の推定値で十分に計算は可能となる。

 また、ウイルスの推定ピーク負荷は10億から1000億個のウイルス粒子の範囲にあり、この範囲の中間の値(幾何学的平均値)を100億個としてみる。前日の各日に感染した300万人のそれぞれのウイルス負荷へのすべての寄与を合計すると、世界には約2000兆個のウイルス粒子が一度に存在していることになる。

 この天文学的数字は、地球上の砂粒の数とほぼ同数とのことだが、実在の数値として何の手がかりにもならないのが玉に瑕だ。また、新型コロナウイルスの粒子は非常に小さく、直径は80~120ナノメートルしかない。1ナノメートルとは、1メートルの10億分の1で、換算すると新型コロナウイルスの半径はヒトの髪の毛の約1000分の1の細さとなる。

 新型コロナウイルスの半径を50ナノメートルと仮定したとき、球状のウイルス粒子1個の体積は52万3000立方ナノメートルになり、粒子が球状であることから生まれる隙間分を考慮すると、最終的な総収集量は約160mlと算出される寸法だ。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

世界中の新型コロナを集めてもコーラの缶半分に満たないことが判明! 世界を狂わしたウイルスの意外な真実のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル