ジャニーズから退所者続出の本当の原因は「オカルト」だった!? 霊能業界が指摘するヤバい噂を暴露!

ジャニーズから退所者続出の本当の原因は「オカルト」だった!? 霊能業界が指摘するヤバい噂を暴露!の画像1
画像は「手越祐也チャンネル」より引用

 ジャニーズ帝国の凋落が止まらない。特に最近はあってはならない不祥事が相次ぎ、人気も知名度も申し分ない所属タレントたちが次々と退所している。

「直近だと、TOKIOの長瀬智也が3月に退所することが決まっていますが、昨年、一昨年は特にジャニーズの試練の年でした。ちょっと尋常じゃないですよ」(ワイドショー関係者)

 昨年を振り返ってみると、中居正広、手越祐也、山下智久、少年隊の錦織一清と植草克秀、とビッグネームの退所が顕著だった。

「手越はコロナ禍で2度のステイホーム破りがきっかけ。藤島ジュリー景子氏のお気に入りだっただけに、退所になるのは意外です。また、山下は亀梨和也とともに未成年女性と飲酒、さらにはJKモデルをお持ち帰りするという離れ業をやってのけた。近い将来独立すると見られていましたが、芸能活動自粛期間中に海外からオファーが届き、契約期間を強引に終了させました」(同)

 そのほかにもユニット「宇宙Six」の山本亮太の契約解除もあった。理由は、あろうことか闇スロット通いというもの。また、退所に至らないまでも“ジャニーズの長男”こと近藤真彦が不倫で芸能活動を自粛、さらには嵐がこの年末をもって活動休止している。元「TOKIO」の山口達也も再逮捕されるおまけつきだ

「一昨年もすごかった。錦戸亮の退所もありましたが、やはり、特にダメージが大きかったのはジャニー喜多川さんの死去です。事務所の大黒柱の死は衝撃と言っていい。さらに、退所した元SMAPの3人を民放番組に出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして公正取引委員会が注意したことも大きな波紋を呼びました」(芸能関係者)

 他にも細かいことを挙げればきりがないが、この2年間ジャニーズ事務所が大激震に見舞われていることがわかる。いったい、このトラブル続きの元凶は何だというのか。実は、関係者の間でひそかにささやかれている話があるという。

ジャニーズから退所者続出の本当の原因は「オカルト」だった!? 霊能業界が指摘するヤバい噂を暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル