【超閲覧注意】強制勃起の尿道座薬、ニンニク膣座薬…エロ漫画に出てくる実在の「エロ座薬媚薬」を亜留間次郎が徹底解説!

関連キーワード:

,

,

,

■エロ座薬

 さて、薬というほどでも毒というほどでもなく、適度に刺激のあるものをアナルや膣に挿入すると独特な快感が得られることを発見した変態達がいました。

 著者とその家族です……。

 エロ漫画には膣やアナルに入れると、アソコが熱くなって悶えるという座薬タイプの媚薬が出てきますが、その実在が確認できました。

 作り方は簡単で、薬事法とか医師法に違反ギリギリのグレーゾーンですが、一般家庭の台所で出来ます。著者のような逸般誤家庭じゃなくても大丈夫です。

 アリババなどの中国の通販で医療用の金型が数万円で買えるので、安全性を重要視する人はちゃんとした金型の購入をお勧めします。ケチな人は適当に樹脂でも木でも削って作ってください。

 食品として最低限の消毒と衛生環境を守れば大丈夫ですが、くれぐれも自己責任でお願いします

===材料===

1.ショウガ
2.ニンニク
3.その他、お好みで大根、ハーブ、コショウ、カレー粉、唐辛子など、
4.ココナッツオイル
 25度弱で固化して35度ぐらいで溶ける物が理想で常温の室内に置いておくと瓶の中身が白い塊になっている物がお勧め。

材料一式

===道具===

1.すりおろし器
2.フィルター
3.鍋などの加熱する道具
4.温度計
5.座薬の型
 アリババのネット通販で送料込みでも1万円以下で買えます。大きさが数種類あるので好みで選んでください。

===作り方===

1.ショウガ、ニンニク、その他をすり下ろします。

2.フィルターで絞って汁だけを濾過します。

3.ココナツオイルを50度ぐらいで温めて絞り汁と混ぜます。

4.座薬の型に流し、冷蔵庫で冷やすと白い塊になります。

 応用例として、コショウ、唐辛子など刺激の強い物を粉末にして適度にパームオイルで薄めて固めた物をアナルに挿入すると、強めの眠気覚ましなどにも使えます。刺激緩めならハーブがお勧めだし、漢方薬も使えるし、カフェインなどの摂取にも応用できるので幅広い物で試せます。

 やりすぎるとアナルが大変なことになるので、あまり濃くしすぎないように。また自己責任でお願いします。

 この方法で作られた物は材料も成分も加工法も全て100%食品なので、薬事法にはひっかかりません。普通に上の口からも食べられます。自分で下の口から食べても何の法規制にもひっかからないので、食品として売る分には合法です。

 基剤になっているオイルによる直腸や膣の粘膜保護効果もあるので、刺激物を直接挿入するよりはるかに安全です。

 アナルに皮をむいたショウガなどの刺激物を直接挿入するよりも安全性が高く、コショウや唐辛子などの強い刺激物で試したいハードプレイが好みの人も、ご自身の健康を考えるなら座薬にするのがお勧めです。

 しかし、腐敗しやすいので保存が効かないし、夏場は気温で溶けるので保存には冷蔵が必要です。使用期限は、普通に家庭の台所で料理された食品の賞味期限と同じだとお考え下さい。

【超閲覧注意】強制勃起の尿道座薬、ニンニク膣座薬…エロ漫画に出てくる実在の「エロ座薬媚薬」を亜留間次郎が徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル