寝起きから外国人5人に輪姦! 国境を超えた日本最強の「M女モンスター」ウラン嬢がヤバすぎるSM体験を語る!

――日本で最もヤバイ人間を集める元SM誌編集者で地下編集者・福田光睦が取材!

~現在絶賛配信中のTOCANAプレゼンツのネットバラエティ『「ほんトカナ!?」ケンドーコバヤシの絶対に観ないほうがいいテレビ!』。その第2回『風俗嬢のエロすべらない話』に登場したヤバ過ぎるM女を徹底解剖! 番組では話しきれなかった激ヤバエピソードに震撼せよ!!~

 あなたは《M女》と訊いて、どんな人物像を連想するだろうか? 弱々しそうな、それでいて湿っぽい視線を切り揃えた前髪越しにこちらに向ける、草食の小動物のようにおとなしい女性――まあそんなところではないだろうか。今回紹介する女性は自他ともに認める生粋の《変態M女》であるが、その行動は前述のようなイメージとは全く異なるものだ。

 たとえるなら太陽のような、行動的で屈託のない女性――それが今回紹介するM嬢、ウラン嬢なのである。衝撃の前編では、自ら輪姦されに大阪・西成へ行くというケタ外れの《冒険譚》を語ってくれたが、後編は日本のM女が海外でやってのけた冒険譚を披露してもらう。


 まずはドイツ・ヨーロッパ篇から。

「以前、私が1人でドイツへ行ったんです。SMというか『変態1本で生きていこう』って思った時に『ドイツ見に行こう。確か知ってる姉さんがドイツにいたな』って連絡して。その姉さんはドイツでパフォーマーをやってる方なんですけど、現地に着くなり『凄く出たくないショーがあるからアンタ行ってきて!』って言われて(笑)。『えー!?』『大丈夫大丈夫、アンタならできるから!』って。でもドイツのショーとかも一切見たことないし『怖っ……』みたいな」

 ということでいきなりドイツでSMショーに出ることになったウラン嬢。しかも相手のパフォーマーはイタリア人というからわけがわからない。

「『下手したら死ぬぞ』と思いながら行きました。SMって怖いじゃないですか!?」

 天井から吊り上げる技など、今や緊縛も世界的なカルチャーとなったが、やはり逆さ吊りなどは死のリスクを伴う危険なもの。完全な信頼関係がない限りはやらない方がいいに決まっている。それでも行くのがウラン嬢。

「めっちゃ怯えながら行ったら、それがヨーロッパでも最大級のセックスエキスポ『Venus Berlin』っていうのだったんです。コミケみたいな規模でビックサイトみたいな大きな会場で。そこにステージがあって、AV女優さんたちがポールダンスとかセックスショーをやってるんですけど、私たちはSMショーをやりました。でも、事前にイタリア人と連絡も取れないしキョロキョロしながら『そこに行ったらわかるから』って言われて。やっと対面したら、そこから3ステージも出たんですよ。なんか知らない人、他の人と……」

 見もしないイタリア人どころか、その知り合いの全く縁もゆかりも無い外国人パフォーマーともステージに上がったのである。

「イタリア人に『オマエもう、次のショーも出なよ!』って言われて別の人に渡されて(笑)。別の女王様のショーとかも出たりしました」

 どこにでも出てしまう彼女も凄いが、いきなり初対面のモデル女性を他人に貸し出すイタリア人も大概である。

「そのイタリア人はDJアリっていうんですけど、ドレッドヘアーで紫と黒で統一されてて『俺は忍者だ』って言い張ってるんですよ(笑)。イタリア人の忍者らしいんですけど、もう適当なヤツなんですよ。でも昔からそういうクラブとかアングラ界隈にいるから顔が凄い利く。それ以来彼とは仲良くなって、彼の家に泊めてもくれる。ドイツで変態界隈に連れて行ってくれるし、彼についていってベルリンの『KitKatClub(以下キットカット)』(http://www.kitkatclub.org/Home/Club/Index.html)っていう変態の箱にも行きました。そこは日本でいうとハッテン場とクラブとハプニングバーが合わさったみたいなところなんです。プールがあって、テラスではブランコがついてて、『楽園ってこういう感じなのかな……』みたいな場所。そこかしこでセックスしてて、みんな凄いフェティッシュな格好してるんです」

 売春が合法化されているドイツでは、大規模な売春施設も多く、それらは日本人の想像を遙かに超えるスケールである。ウラン嬢が行った「キットカット」も、先進的なクラブカルチャーと自由なセックスが混在する大規模施設であり、そこでは音楽を楽しむことと同様にセックスを楽しむこともまた自由なのである。

「あとはベルリンからミュンヘンとかのショーとかにも出させてもらったし、ファッションショーとかにも出させてもらったりとか、あとはライプツィヒで”街を貸し切ってのゴシックパーティー”も。あとはギリシャ、アテネとかでもショーに出たりしました。あとはラトビアのリガっていう街でもショーに出たんですが、そこでもアリと一緒に泊まってたんですけど、ウランが寝てる間に突然友達を呼ぶんですよ。『ウラン!! オマエとセックスしたい男が来たぞ!!』って。私も『じゃあ、どうぞ』みたいな感じになって、なんか『クレイジージャパニーズ!!』『ヘンタイジャパン!!』とか言われながら寝起きから5人に輪姦されて」

 いくら性的に解放された土壌を持つヨーロッパでも、そこまで受け容れられるクレイジーな女性は多くないはずだ。

 彼女の冒険は、まだまだあるということで、お次は場所を移して、アジア篇。

寝起きから外国人5人に輪姦! 国境を超えた日本最強の「M女モンスター」ウラン嬢がヤバすぎるSM体験を語る!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル