満開の夜桜の下で繰り広げられる乱交SEX…! 東日本に実在した「オトナの花見」、常軌を逸した“性の無礼講”実態を取材!

【日本奇習紀行シリーズ 東日本】

満開の夜桜の下で繰り広げられる乱交SEX…! 東日本に実在した「オトナの花見」、常軌を逸した性の無礼講実態を取材!の画像1
「ゲッティ」から引用

 毎年、節分を過ぎる頃になると、徐々に春の足音を感じてくるものだが、そんな頃になると、満開の桜の下で行う酒宴を思い浮かべて胸をときめかせるという、些か気の早い人もいるかもしれない。しかしそうした心持ちになるのは、なにも酒豪だけではないようだ。

 

「ちょうどその頃になると、陽気がよくなってくるっていうのもあるとは思うんだけども、とにかくみんな浮かれていたね(苦笑)」

 

 かつて東日本のとある海沿いの地域で行われていたという、なんとも奇妙な“花見の宴”についてそう語るのは、当地で生まれ育ち、現在もなお、近海漁で生計を立てているという漁師・鹿田午助さん(仮名・84)。鹿田さんの話によると、その昔、当地で暮らす男女たちは、“花見”と称し、現代でいうところの乱交パーティーじみた狂宴を行っていたのだという。

 

「花見のときはね、それこそみんな自分の家から酒や煮物なんかを持ち寄って楽しく宴会をやるんだけども、それはあくまで昼間の話でね。夕方になると、子供や年寄りは家に帰して、残った大人たちだけで“続き”をやるわけ。そうなるとね、メートルが上がりきった頃合に、誰からともなくそういうことを始めて…… まぁ、そういう色っぽい宴会だね」

満開の夜桜の下で繰り広げられる乱交SEX…! 東日本に実在した「オトナの花見」、常軌を逸した性の無礼講実態を取材!の画像2

 昼間は“健全なお花見”だけを行い、日が暮れる頃から、徐々に“オトナの宴”になるという当地の花見。無論、その参加者に既婚・未婚の別はなく、それこそ“スキモノ”の大人ならば誰でも参加するのだという。

 

「もうね、日付が変わる頃には本当にムチャクチャでね。下手すりゃ男も女も関係ないぐらいの感じなわけ。それが朝まで続くもんだから、次の日はみんな仕事になんかならない有り様だよ(苦笑)」

 

 無論、こうした“行き過ぎた無礼講”が現代まで続けられようはずもなく、当地においては、半世紀以上前に“お上からのお達し”という形で廃止されたそうだが、高齢の鹿田さんをしてその“復活”に期待している様子であるほどの“狂宴”だけに、その詳しい内容がなんとも気になりところである。

文=戸叶和男

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

満開の夜桜の下で繰り広げられる乱交SEX…! 東日本に実在した「オトナの花見」、常軌を逸した“性の無礼講”実態を取材!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル