ゆきぽよに来年起きるであろう“不測の事態”がヤバすぎる! “ハメ撮り流出の危機”も噂に…

関連キーワード:

,

画像は「ゆきぽよ公式Instagram」より引用


 タレント・ゆきぽよの“謝罪行脚”が話題となっている。ゆきぽよは1月下旬に「週刊文春」(文藝春秋)でコカイン使用の罪で逮捕されたXと親密な関係であったと報じられ、タレント生命の危機に陥った。その後、ゆきぽよはTBS系「サンデー・ジャポン」のインタビューに応じたが、火消しとはいかず……。そこでこのほど一部メディアに自ら足を運び、取材に答えるという“謝罪キャラバン”を繰り出した。

 どの媒体でも話している内容に大差はなく、1に謝罪、2に潔白強調、最後に今後の意気込みといった内容。特段、騒動に関する新事実が出てきたわけでもなく「ようはマスコミと仲良くしとこうという意思表示のようなもの」(テレビ関係者)という。

 加えてゆきぽよは全スポーツ紙、全週刊誌の取材に応じたわけではないため、スルーされたメディアからは「なんでウチには声を掛けなかったのか!」とブーイングも飛び交っている。

 それにしても、なぜゆきぽよはここにきてマスコミ対策をしだしたのか?

 本格的にタレント活動を行うための「ミソギ」の側面もあるが、実は来年起きるであろう不測の事態に備える意味もあるという。スポーツ紙芸能担当記者の話。

「収監中のXが来年にもシャバに出てくるんです。Xは半グレのようなもので、(刑務所の)中で更生していなければ、出てきて何をするかわからない。それこそ、ゆきぽよとの“本当の関係”を暴露したり、昔の写真をマスコミにリークする可能性もある。Xの周りには筋の悪い連中も多く、ゆきぽよサイドはそうなった時を想定して、マスコミの地固めを急ピッチで進めている」

 事実、一連の騒動直後にはX側の“勢力”が一部メディアに「ゆきぽよのヤバイ動画がある。買ってくれないか?」と持ち掛けていたことが分かっている。前出記者は「動画の詳細は不明だが、口ぶりからして『ハメ撮りでは?』とウワサになった」と話す。大キャンダルに発展しなければいいが……。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

ゆきぽよに来年起きるであろう“不測の事態”がヤバすぎる! “ハメ撮り流出の危機”も噂に…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル