福原愛が離婚できない!完全に計算が狂った“絶望”の理由…Aさんの態度も変化!?

関連キーワード:

,

,

,

,

福原愛が離婚できない!完全に計算が狂った絶望の理由…Aさんの態度も変化!?の画像1
画像は「Instagram」より引用


 卓球女子五輪メダリスト・福原愛が窮地に陥っている。「女性セブン」(小学館)で長身男性Aさんとの不倫疑惑がスクープされ、大炎上。夫・江宏傑の「モラハラ」を理由に離婚の意志を固めているが、すんなりとはいきそうもない。

「江は台湾では“福原の夫”という立場を利用して稼いできた。夫婦の年収は10億円にものぼるといわれる。離婚すればそれがパーになるわけで、江はモラハラ疑惑と離婚危機の払拭に躍起になっている」とはワイドショー関係者。

 21日には台湾に残していた福原の母・千代さんが日本に帰国。その前日の20日、江は自身の両親と2人の子供を連れて、千代さんを台北松山空港に送り届けた。足腰が不自由な千代さんに代わって搭乗手続きなども行ったという。その様子は台湾紙「蘋果日報」など複数のメディアで報じられた。

「空港には台湾メディアが大挙押し寄せたが、これは江サイドの事前リークによるもの。江はカメラの前で甲斐甲斐しく千代さんの世話をし、報道陣の問いかけには『ごめんなさい、ご心配ありがとうございます』とコメント。ロビーで子供がはしゃぐ姿も撮らせたままにしていた」(同)

 江は千代さんの出国を見届けるや、インスタグラムを更新。2人の子供と千代さんが一緒にいる写真を投稿し、「出発前にたくさん話をしましたが、それでも別れなければなりません。故郷に戻ると聞くのは複雑な気持ちですが、あなたがいつも安全で健康でいられることを願っています」と惜別メッセージを送った。現地のメディア関係者は「台湾では千代さんを家族総出で送り出す姿に好意的な反応が寄せられています。モラハラ疑惑は日本と台湾の『文化の違い』で片付けられ、ほぼ払拭している。これだと、いくら福原がモラハラを理由に離婚を迫っても、理解はされないでしょう」と話す。

 福原は帰国した千代さんに会いに空港には行かなかった。マスコミが殺到することを危惧したのだろうが、これも台湾では「薄情だ」とみられている。

「この調子では江が離婚に同意しない限り、別れることはまず不可能。仮に離婚できたとしても、2人の子供の親権は江が持つことは確定的。日本と違って、台湾は儒教文化と家長制のなごりで、親権は夫側になることが多いですからね」(現地メディア関係者)

 福原が“心の拠り所”にしているAさんも、一連の報道で“関係”は危ういという。テレビ関係者の話。

「Aさんはエリートと報じられているが、もともとは“遊び人”。この状況下でわざわざ火中の栗を拾うことはしないでしょう。福原さんは女性セブンのインタビューでAさんをかばうような発言をしてアピールしていたが、Aさんは徐々に距離を置こうとしているそうです」(テレビ関係者)

 福原は江と離婚→子供の親権ゲット→Aと再婚という“青写真”を描いていたのかもしれないが、その目論みはすべて外れてしまいそうだ。

「一連の報道で福原の好感度は急落。当分、CMの仕事は来ないでしょうし、東京五輪の卓球解説の仕事もどうなるかわからない。『なんでこんなことに……』と本人は途方に暮れているそうです」とは前出スポーツ紙記者。身から出たサビとはいえ、その代償はあまりにも大きい――。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

福原愛が離婚できない!完全に計算が狂った“絶望”の理由…Aさんの態度も変化!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル