花見シーズン到来で思い起こされる日本伝統の「オトナの乱交SEX花見」文化とは?

 3月22日、気象庁は東京の桜が満開となったと発表した。平年より12日も早い満開で、日当たりなどの条件で多少違いはあるものの、都内各地の名所でも桜の見頃を迎えている。

 さて、桜といえばお花見。桜の木の下で大勢で飲み食いして騒ぐのは古来より続く日本の伝統だが、かつて東日本のある地域では、老若男女で楽しむ昼間の宴の後、大人だけが楽しむ夜の宴が繰り広げられたという。その“オトナの宴”とは一体どんなものだったのか? 人気の日本奇習紀行シリーズから再掲する。

(編集部)

 

【日本奇習紀行シリーズ 東日本】

花見シーズン到来で思い起こされる日本伝統の「オトナの乱交SEX花見」文化とは?の画像1
「ゲッティ」から引用

 毎年、節分を過ぎる頃になると、徐々に春の足音を感じてくるものだが、そんな頃になると、満開の桜の下で行う酒宴を思い浮かべて胸をときめかせるという、些か気の早い人もいるかもしれない。しかしそうした心持ちになるのは、なにも酒豪だけではないようだ。

 

「ちょうどその頃になると、陽気がよくなってくるっていうのもあるとは思うんだけども、とにかくみんな浮かれていたね(苦笑)」

 

 かつて東日本のとある海沿いの地域で行われていたという、なんとも奇妙な“花見の宴”についてそう語るのは、当地で生まれ育ち、現在もなお、近海漁で生計を立てているという漁師・鹿田午助さん(仮名・84)。鹿田さんの話によると、その昔、当地で暮らす男女たちは、“花見”と称し、現代でいうところの乱交パーティーじみた狂宴を行っていたのだという。

 

「花見のときはね、それこそみんな自分の家から酒や煮物なんかを持ち寄って楽しく宴会をやるんだけども、それはあくまで昼間の話でね。夕方になると、子供や年寄りは家に帰して、残った大人たちだけで“続き”をやるわけ。そうなるとね、メートルが上がりきった頃合に、誰からともなくそういうことを始めて…… まぁ、そういう色っぽい宴会だね」

花見シーズン到来で思い起こされる日本伝統の「オトナの乱交SEX花見」文化とは?の画像2

 昼間は“健全なお花見”だけを行い、日が暮れる頃から、徐々に“オトナの宴”になるという当地の花見。無論、その参加者に既婚・未婚の別はなく、それこそ“スキモノ”の大人ならば誰でも参加するのだという。

 

「もうね、日付が変わる頃には本当にムチャクチャでね。下手すりゃ男も女も関係ないぐらいの感じなわけ。それが朝まで続くもんだから、次の日はみんな仕事になんかならない有り様だよ(苦笑)」

 

 無論、こうした“行き過ぎた無礼講”が現代まで続けられようはずもなく、当地においては、半世紀以上前に“お上からのお達し”という形で廃止されたそうだが、高齢の鹿田さんをしてその“復活”に期待している様子であるほどの“狂宴”だけに、その詳しい内容がなんとも気になりところである。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

花見シーズン到来で思い起こされる日本伝統の「オトナの乱交SEX花見」文化とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル