流出寸前!? まだあった「五輪組織委LINE内」での超お粗末提案!

流出寸前!? まだあった「五輪組織委LINE内」での超お粗末提案!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開閉会式の演出を統括する大会組織委員会クリエイティブディレクターだった佐々木宏氏が、スタッフ間のLINEでタレントの渡辺直美を「オリンピッグ」という豚に演じさせる案を出していたことが週刊誌で報じられ、ヒンシュクを買って辞任した件は、その粗末な案に呆れるにとどまらず、内輪の提案段階での話が外に漏らされたことで、組織内の確執がさらけ出されたものでもあった。

 組織委の武藤敏郎事務総長は確執の存在を否定したが、トラブルの多かった五輪絡みでは過去、多数の担当者が辞任に追い込まれており、事業を引き受けている電通の関係者に話を聞いてみると「まさにこの電通の中でも足の引っ張り合いが凄まじい」と言っていた。

「昨年も社内でのパワハラ告発で、演出チームから身を引いた方もいますし、いまみんな発言とかも神経質に注意してると聞きました。LINEまで外に漏らされるとなると、どこで何を言われるか分からないんですから。過去に書いたLINEの発言に怯える人もいるようですが、そんなところまで問題にされると、五輪のゴシップは無限大になってしまうのでは」(電通関係者)

 関係者が耳にした危惧のひとつには、過去に盗作騒動のあった公式エンブレムに関するものがあったという。15年、佐野研二郎氏の作品が、ベルギーの劇場のロゴに酷似しているとしてデザイナーから使用差し止めの裁判を起こされる事態となり、異例の撤回となった。そもそも一部デザイナーに限定した選考過程自体が不健全だったことも指摘され、選考をやり直して野老朝雄氏の「組市松紋」に選び直された。

 前出関係者によると、この再選考の過程でも「LINEやメールでのひどい案があった」という指摘がされていたという。

「騒動では佐々木さんと同じ肩書きのクリエイティブディレクター、高崎卓馬さんとかマーケティング局長とか次々に退任になりましたが、後任争いでも醜い争いがあったんです。そこで聞こえたのが、電通とかなり親密な関係にある組織委のAさんの案『芸能人エンブレム・コンテスト』です。木梨憲武や片岡鶴太郎、嵐の大野智とか絵の上手い芸能人を集めて、作品の人気投票イベントをやるというもの。当時、キングコングの西野亮廣が自作のエンブレムを公開したり、所ジョージが新デザインに参加したい話をしていたことがあったのも、電通の人からそんな案を聞いたことでフライング的に名乗りを上げたものだったという噂も」(同上)

 この芸能人コンテストは当時、一部の関係者間だけに囁かれたもので、結果的には採用されなかったボツ案だったが、問題は組織委のA氏が出来レースを仕掛けようとしたことだと言う。

「Aさんや電通の関係者が、プロのデザイナーにゴーストライティングさせて、有名アイドルのメンバーが描いたことにするという話で、それを採用させたら、アイドルのファンが公式グッズを大量買いする効果があるという話をしていたそうです」(同上)

流出寸前!? まだあった「五輪組織委LINE内」での超お粗末提案!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル