流出寸前!? まだあった「五輪組織委LINE内」での超お粗末提案!

 その証拠の会話がLINEやメールに残っているらしいというのである。結局は、盗作騒動で60億円以上もの経費損失が出た中で、タレント起用のコンテストは巨額のギャラや経費が発生するとして却下されたというのだが、もしそんな話の証拠が表になれば、これまた組織委の黒歴史のひとつになってしまいそうだ。

「あくまで実現しなかった案ですから目くじらを立てる必要はないかもしれませんが、組織委や電通がいかに出来レースみたいなことをやろうとしたがる連中が多いか分かる話なので、表になった方が社会のためになるんですけどね。あの盗作騒動でも公募開始前から組織委の関係者が佐野さんに参加要請していたという出来レースが問題だったのですから」(同上)

 いずれにせよ、東京五輪関係のトラブルは、新国立競技場で発生した巨額経費問題や聖火台の置き場がない設計ミス、マラソン・競歩の開催地が札幌に変更になったことなど数えたらきりがなく、こうして見ると、いまの日本にはまともに五輪運営をするスキルがないのではないかとすら思えてならないのだ。

文=ジャーナリスト・片岡亮

片岡亮の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

流出寸前!? まだあった「五輪組織委LINE内」での超お粗末提案!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル