小室圭さん、眞子さま“ポイ捨て”海外逃亡プランか!? 卒業間際に「爆弾文書」公表のワケ

関連キーワード:

,

小室圭さん、眞子さまポイ捨て海外逃亡プランか!? 卒業間際に「爆弾文書」公表のワケの画像1
画像は「Amazon」より引用

 いよいよ“小室劇場”が最終章に突入した。秋篠宮眞子さまとの結婚問題で揺れる小室圭さんが8日、代理人を通じて、A4用紙28枚、6万字に及ぶ「文書」を公表した。

 長引く元婚約者男性Aさんと実母・佳代さんの400万円トラブルについて釈明というよりは、反論のような主張を並べているが、世間の風向きは変わるばかりか、さらに悪化したように見受けられる。

 小室さんは婚約破棄を通達してきたのは、あくまでAさんで、400万円については「返してもらうつもりはなかった」というAさんの発言があったと何度も強調。なぜかこのタイミングで録音テープの存在を明かし、以下のようなやりとりがあったと証言した。

元婚約者「返してもらうつもりはなかったんだ」

母「そんなのってあるの?」

元婚約者「いやあ、あるんですかねって、だって、その時はだって…」

母「だってあるんですかねってそんなの私不思議。そういう方と出会ったことがないから。そう」

元婚約者「うん。返してもらうつもりは全くなく…お金出してましたよ」

 小室さんによると、録音テープはこれまでに相談した複数の弁護士や佳代さんの代理人らに確認してもらっているというが…。週刊誌記者は「小室さんにとっては切り札なのでしょうけど、なぜ今ごろ? という疑念は禁じ得ません。Aさんサイドも『本物かどうかわからない』と話しているそうです」と明かす。

 文書では矛盾点も生じている。Aさんからの400万円が借金か贈与に当たるかは現時点で定まっていない。小室さんはそれを踏まえ、一部報道で「贈与にあたる」「もらったものだから返済しなくてよい」と主張していると報じられていることに文書で「私や母がそのような主張を公にしたことはありません」と否定している。

 ところが、文書の別部分では「贈与税を負担しているのかという報道がありますが、母は贈与税を納付しています。それまでは贈与税を納付する必要があると思っていなかったのですが、報道の後に知人から贈与税は納付しているのかと聞かれたことがきっかけで、念のためということで納付しました」と書いている。400万円の扱いが定まっていないのに、勝手に贈与と解釈して贈与税を支払っているのだから矛盾を指摘されてもおかしくない。

 皇室ライターは「あまりに長文でわかりづらいため、読み込むのに時間がかかりましたが、いろいろとボロが出ている。これでは秋篠宮殿下が結婚条件に挙げる『国民の理解』を得られるとは到底思えない。万が一、結婚を強行すれば国民の皇室離れを招く恐れもあります」と話す。

 となると、破談の可能性も出てくるわけだが、小室さんにとっては痛くも痒くもないという。

小室圭さん、眞子さま“ポイ捨て”海外逃亡プランか!? 卒業間際に「爆弾文書」公表のワケのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル