逮捕寸前? 超大物男性ミュージシャンXにまた薬物疑惑!マトリが2回目のガサへ…

画像は「Getty Images」より引用


 数年前にもマトリからガサ入れや尿検査を受けたと噂が流れた大物男性ミュージシャンのXに、再び違法薬物の情報が飛び交っている。

 Xは大物で、その名を知らぬ人はいない。しかし、最近は楽曲よりも私生活の方が注目されがちだ。

「Xがコカインにハマっているという噂が流れ始めたのは5〜6年前からです。その影響が私生活にも及んでいて、一時は社会復帰できないのではないかとも言われていました」(芸能記者)

 家庭を顧みず、コカインにハマっていたXをマトリは許さなかった。2年ほど前、Xの自宅は元より、関係者宅への一斉ガサ入れが行われたのである。当然、Xも尿検査などをされたが結果は陰性で、違法薬物疑惑は晴れた。しかし、X逮捕に執念を燃やすマトリの捜査は終わらない。

「今年の3月にマトリの部長が交代しました。色々な懸案が次の部長に引き継がれましたが、その中でもXに関する案件は“特殊な事案”として託されたと言われています」(芸能記者)

 一度のガサ入れ失敗で引き下がるマトリではない。引き続き内偵捜査を行い、Xの逮捕に執念を燃やしているという噂があるのだ。というのも、最近になって、Xが再び違法薬物であるコカインに手を出しているという噂があちこちで聞かれるようになったからだ。

「西麻布にある、Xが関係している会社の寮でコカインを吸って大騒ぎしているという噂があります。そこを拠点にして、Xは周辺で遊び回っているという噂もあります」(前出芸能記者)

 Xは音楽関係者や芸能関係者からの人望がなく、その悪行を暴く人間が後を絶たないと記者は語る。麻布十番の個室バーでのコカイン吸引疑惑や、神奈川県某所にある関係者の別荘などに若手モデルを連れ込んで、コカインや大麻を強制して乱交騒ぎをしている……などの衝撃的な情報も飛び込んできているという。

 コカインは体内から抜けるのが早く、大麻には使用罪は存在しない。情報が入ったら、即時に動かないと逮捕は不可能である。

 さすがにマトリも2回目の失敗は許されない。相当慎重に動いているのであろうが、そんな中でも、Xのコカイン吸引の目撃情報は次々と寄せられていると記者は語った。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

逮捕寸前? 超大物男性ミュージシャンXにまた薬物疑惑!マトリが2回目のガサへ…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル