「コロナの恐怖を煽るのは視聴率のため」CNN幹部の驚愕発言が隠し撮りされる! 「死者多数を期待」「トランプも…」続々


 ゲリラ的な潜入・隠し撮り取材で知られる米NGO団体「プロジェクト・ヴェリタス」が、米ニュースチャンネル「CNN」ディレクターの驚愕発言を公開した。

 「The Gateway Pundit」(4月14日付)によると、CNNテクニカル・ディレクターのチャーリー・チェスターが、視聴率を上げるために「COVID(新型コロナウイルス感染症)のデマ」を利用していると認めた隠し撮り映像を公開したという。

 衝撃的なビデオの中で、チェスター氏は、ネットワークが世論を形成するためにどのように「操作」を行っているかを説明した。

 「CNNのレポーターなら誰でも、実際にやっていることは、相手に何を言うべきかを教えることです。相手が口を開く前に、誘導するわけです。私たちが放送するのは、ほとんどの場合、餌に食いついた実績のある人たちだけですよ。抑揚をつけたり、二度言ったり……人を操るにはちょっとした機微があるのだけど、それだけで世界を変えることができるんだよ」(チェスター氏)

 また、チェスター氏は「もっとCOVID による死者数が多ければ、私たちの主張がより明確になる」とまで語っているが、それは人々の恐怖を煽って、視聴率を稼ぐためだと言い放っている。

恐怖が数字を動かしている。恐怖が視聴者をひきつけるんだ」(チェスター氏)

 こうした操作はCNN社長が直々に指示することもあるという。同局のジェフ・ザッカー社長は、生放送中にニュースルームに電話をかけ、スタッフにCOVIDの死者数を画面に表示し続けるように命令したことがあるそうだ。


 さらに2020年の大統領選でもCNNは偏向報道に終始していたことをチェスター氏は認めた。

我々の焦点はトランプを大統領から追い出すことだった。私がCNNに来たのも、それに加わりたかったからだ。私たちのしたことを見てみろ。トランプを追い出してやったんだ」(チェスター氏)

 「偏向していないニュースなんてない」とチェスター氏は断言するが、日本のマスメディアを見てみてもこのことは当てはまりそうだ。某大手新聞社などは権力監視を自負しているが、実態はただの偏向報道である。かく言うトカナにも宇宙規模のバイアスがあることは正直に告白しよう。しかし、右だの左だのリベラルだの保守だのといった地球的極小バイアスは、広大な宇宙的バイアスのスペクトラムの中では無に等しいことを付け加えておきたい。

参考:「The Gateway Pundit」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「コロナの恐怖を煽るのは視聴率のため」CNN幹部の驚愕発言が隠し撮りされる! 「死者多数を期待」「トランプも…」続々のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル