【閲覧注意】意中の女性を“爆発させて”殺害した男!! 自らも絶叫しながら焼かれ… 歪んだ愛情がもたらした破滅の瞬間=印

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】意中の女性を爆発させて殺害した男!! 自らも絶叫しながら焼かれ… 歪んだ愛情がもたらした破滅の瞬間=印の画像1画像は、「theYNC.com」より

 インド南部タミル・ナードゥ州コーヤンブットゥールのバス停で今月10日夜、男が女性に火をつけて殺害し、自らも焼死する事件が起きた。

 同州チェンナイのコダンバッカムに住む女性、シャンティさん(46)はバス停に泊まりながら民間企業の清掃人として働いていた。同じく清掃人として働いていた男、ムトゥ容疑者(48)は午前2時ごろ、いつものようにバス停の歩道で寝ていたシャンティさんにガソリンをかけた。ガソリンの臭いに気づいて目を覚ましたシャンティさんは、マッチ箱を手にしたムトゥ容疑者が自分の隣に立っている姿を見て驚いた。起き上がってムトゥ容疑者を止めようとしたが、もはや手遅れだった。ムトゥ容疑者はマッチを擦り、2人はあっという間に炎に包まれてしまった。

 事件の決定的瞬間をとらえた監視カメラの映像が海外過激動画共有サイト「theYNC.com」に投稿された。バス停で何人もの人々が横になって眠っている。画面右下にムトゥ容疑者の姿が映った。彼はマッチを擦って、起き上がったシャンティさんに火をつけた。画面が真っ赤に染まるほどの炎が噴き上がった。シャンティさんもムトゥ容疑者も一瞬にして炎に飲み込まれてしまった。その場に倒れて身悶えている2人の姿が見える。火があちこちに飛び散り、他の人々の寝具や荷物をも燃やしている。地獄のような光景である。

 動画からはわからないが、2人は絶叫しながら全身を焼かれたという。近くで眠っていた人々は、叫び声を聞いて目を覚まし、すぐに起き上がって逃げ出した。後にコーヤンブットゥール警察が現場に駆け付けて鎮火した。重篤な火傷を負ったシャンティさんとムトゥ容疑者は病院に搬送されたが、治療の甲斐なく死亡した。警察は事件を登録して調査を進めている。

 シャンティさんとムトゥ容疑者は恋仲になったものの、数カ月後にシャンティさんの愛情が薄れていったという。シャンティさんがムトゥ容疑者を避けるようになり、他の男性と付き合うようになった。このことに激怒したムトゥ容疑者がシャンティさんを焼き殺そうとしたとみられている。

 ムトゥ容疑者の怒りは炎となってシャンティさんを焼き尽くしただけでなく、容疑者自らの命をも奪ってしまった。歪んだ愛情は破滅をもたらすのである。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】意中の女性を“爆発させて”殺害した男!! 自らも絶叫しながら焼かれ… 歪んだ愛情がもたらした破滅の瞬間=印のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル