局員らの不満が爆発!質を落としすぎたTBS新番組「ラヴィット!」のやばい裏側

関連キーワード:

,

,

局員らの不満が爆発!質を落としすぎたTBS新番組「ラヴィット!」のやばい裏側の画像1
「ラヴィット!」(TBS)より引用


 TBSの新しいワイドショー「ラヴィット!」が低空飛行となっている。お笑い芸人・麒麟の川島明をMCに置き3月29日にスタートしたが、 世帯平均視聴率が1%台を記録するなど、 まったく軌道に乗らず大事故状態だ。放送する意義すら危うくなっているが、 原因はドコにあるのだろうか。

「早くもリニューアルや打ち切りを望む声が飛び出しています。朝から能天気にランキング紹介やクイズをやって『どこの視聴者が見るんだよ』とツッコみを入れられています。朝一番知りたいニュースなど肝心の情報が薄く、ピント外れに終わっています。制作費を大幅に削るため、出演者の質を落としギャラの削減を狙いましたが、薄っぺらいタレントと薄っぺらい情報とコメントを垂れ流しいるだけの状態となっています」(テレビ局関係者)

 コロナ下で現場にいるスタッフの人数を極力絞っていることも影響して、スタジオ進行もグダグダ状態。TBSの朝の情報番組枠は長年、低視聴率に悩まされ、今回は他局と一線を画し若者をターゲットに起死回生を図ったが、需要にマッチせず大失敗となっている。

「長年の低迷の最大の原因は大手芸能事務所に主導権を握られていることです。キャスティングや番組内容すら局内であまり決められない異常事態。大手事務所に搾取されている現状に、局員らの不満がたまっていますよ。硬派にしっかりと情報を伝えたいという信念のある報道部らが怒っていてクーデター寸前です」(前出の同)

 閉塞感が漂う「ラヴィット!」に未来はあるのだろうか。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

局員らの不満が爆発!質を落としすぎたTBS新番組「ラヴィット!」のやばい裏側のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル