小泉進次郎ポエム大臣、過去の女性問題が再び問題に?

小泉進次郎ポエム大臣、過去の女性問題が再び問題に?の画像1
画像は「小泉進次郎オフィシャルサイト」より引用

 フリーアナウンサー滝川クリステルの夫・小泉進次郎環境大臣の評価が急落している。環境への知識不足や力量が疑問視されるなか重責を務め「気候変動問題は楽しくかっこよくセクシーであるべき」と言ってみたり「反省の色が伝わらない自分を反省したい」と迷言を残してみたりと「ポエム大臣」とも呼ばれている。

「頭の悪さを露呈したと揶揄され、環境省内の官僚からは完全に見下されていますよ。以前の大臣会見ではアドリブを利かせ長々と思いを述べユーモアに答えていましたが、方々からクレームが入ってからは反省したのか、問答集や返答書をキッチリと予習して、読み上げるスタイルとなっています。意味をなさない演説やスピーチで資質の無さにようやく国民が気付いたわけですが、一緒に仕事にしている官僚からは『政策面でまともな会話ができない』と不満が大爆発しています。パフォーマンス重視でレジ袋の有料化に踏み切った上に、今後はコンビニ等でのプラスチックスプーンやフォークまで有料化するというから、省内は大慌てで準備に追われていますよ」(政界関係者)

 女性問題もここにきて尾を引いている。2019年末には『週刊文春』で実業家のAさんと不倫していた過去が報じられ、政治資金から宿泊したホテルの代金が支払われているとの疑惑が噴出したことは記憶に新しい。

「クリステルの結婚前には女子アナキラーとして名をはせテレビ朝日のXアナやTBSのYアナと交際していたことは永田町界隈では有名です。さわやかさと血筋の良さからモテ男として知られていますが、独身時代の実態はそうではないというのが政界内の見方です。今では1人息子とクリステル、飼い犬を大事にする良きパパになっていますが、いつ昔の悪いクセが出てしまうかと心配されています」(同)

 将来の総理大臣候補といわれている小泉氏だけに、もう少し勉強を重ね引き続き慎んだ生活を送ってもらいたいものだ。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

小泉進次郎ポエム大臣、過去の女性問題が再び問題に?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル