「何度も撮影が止まることも…」とにかく“性格が面倒”なこじらせ芸能人を現場スタッフが暴露!

関連キーワード:

,

,

「何度も撮影が止まることも…」とにかく性格が面倒なこじらせ芸能人を現場スタッフが暴露!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 多くの人が暮らす世の中であるからこそ自分には理解不能なややこしい性格の持ち主もいる。それは芸能界でも同じだ。芸能界の関係者の中で語り継がれるレベルの扱いが難しい「こじらせ系の芸能人」を聞いた。

「昔からスタッフ間で有名なのは山瀬まみさんですね。若いころは画面でも見せていたように、とにかく何があっても泣くんです。本番中でもあの状態なので裏ではすごいですよ。スタジオにきてくれなくて撮影が止まるようなことも多かったです」(テレビ番組プロデューサー)

 ややこしい性格なのは確かなようだが、その原因は何なのか。

「基本的にとにかく繊細なんです。スタッフが打ち合わせなどで少しでもおかしな発言をすればそれでカラに閉じこもってしまう。タレントとしては天賦の才がありますが、その分少し欠落している面があるのかもしれません。普段はいい人なんですけど、とにかく繊細」(同)

 不用意な発言には気を付けるなど向き合うスタッフには苦労が多いようだ。

 さらに続いても長年テレビで活躍するあの人の名前が出てきた。

島崎和歌子さんです。彼女はテレビ上ではサバサバしたイメージがありますが、実際はそうでもなくて、テレビのイメージのままに扱うと大変といわれています。純粋な少女と話すくらいの心構えのほうがよく、下ネタとかも要注意です。性格はとてもいいのですが、とにかく乙女(笑)。ただ、テレビの中ではあのキャラクターで仕事をしてくれますけど」(テレビ番組放送作家)

 普段のイメージからは全く想像できないが、要は乙女ということなのだろう。

 最後は面倒なイメージがないあの人だ。

「自分の中で面倒なのは柴田理恵さんです。テレビタレントとしてメインを食わないなどありがたい存在なんですが、なかなか古い考え方の持ち主なので、マナーにうるさいんです。挨拶の仕方や姿勢などスタッフもよく注意されます。それ自体は教育にもなるのでありがたいんですが、一方でネガティブな性格の持ち主でもあるので、『私が美人タレントではないからそういう態度なんでしょ』とか、こちらが思ってもいないことでへそを曲げられてしまうことも。まったくそんなことは思っていないんですが…」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 ややこしいものの、言ってくる内容がマナーならば、たしかに若いスタッフの教育にはよさそうだ。

 このような名前が挙がったが、ややこしい内容は人それぞれ違っていた。向き合うスタッフはくれぐれも注意してほしいものだ。

文=吉沢ひかる

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「何度も撮影が止まることも…」とにかく“性格が面倒”なこじらせ芸能人を現場スタッフが暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル