【写真アリ】西城秀樹のお墓参りをしたらヤバすぎる心霊現象発生!! 「墓石に向かって話しかけると…」旧知の現場カメラマンが激白!

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIMONときはる」が今明かす真実!

【写真アリ】西城秀樹のお墓参りをしたらヤバすぎる心霊現象発生!! 「墓石に向かって話しかけると…」旧知の現場カメラマンが激白!の画像1
ハワイで歌う西城秀樹(撮影=YAHIMONときはる)

 昨年の西城秀樹さんの三回忌以来、しばらくお墓にお参りしていなかったと思い立ち、今年は4月の月命日(16日) に秀樹さんの元へと足を運んだ。

 秀樹さんが生前にお墓を購入した事を発表したのは、脳梗塞で闘病中の2014年だった。翌年2015年に還暦記念セルフカバーアルバム「心響-KODOU-」(BCS株式会社)をリリースした時にお会いした秀樹さんからお墓の場所を教えていただき、とにかく驚いた。なんと筆者が幼少期に毎日のように遊んでいたお寺だったのだ。鐘つき堂の右手にあった大きな樫の木に雷が直撃したのを見た5歳の筆者は震え上がったことを覚えている。

【写真アリ】西城秀樹のお墓参りをしたらヤバすぎる心霊現象発生!! 「墓石に向かって話しかけると…」旧知の現場カメラマンが激白!の画像2
お寺の鐘つき堂(撮影=YAHIMONときはる)

 いずれにしても、幾度かこのお寺を訪れていた生前の秀樹さんは、東京都内でありながら緑で満ち、静かで落ち着ける場所だから(お墓に)決めたと仰っていた。

 実は今回のお墓参りには、ある目的があった。今年の1月にトカナで発表した西城秀樹さんにまつわる不思議な出来事の記事が大反響を呼び、多くの秀樹さんファンたちと新たに知り合うことができたが、そのことを秀樹さんに報告したかったのだ。

 さて、知人である僧侶にお経をお願いして、一通りお祈りを済ませてから写真を撮ろうとお墓にカメラを向けてシャッターを切った時のことだ。

……!? ……!?

 言い知れぬ違和感を感じ、画像を確認したところあり得ないコマズレを起こしていた。写真家歴41年で初めての出来事である。しかも、そのコマズレは一向に直らず、もはや撮影できないほどカメラに原因不明のアクシデントが起きたのだ。

【写真アリ】西城秀樹のお墓参りをしたらヤバすぎる心霊現象発生!! 「墓石に向かって話しかけると…」旧知の現場カメラマンが激白!の画像3
コマズレを起こした写真(撮影=YAHIMONときはる)

 まさか秀樹さんが墓前撮影を嫌がっている? 霊感の強い筆者は困惑しつつ、大変申し訳なかったという思いが頭をよぎった途端、霊園のどこからともなく「ヒデキと話しをすりゃえ~け~ね」と広島の叔母(故人)の声が聞こえたのだ。広島弁で、「話しをしたら良いんだよ」と言われたことがすぐに解り、墓前の秀樹さんに色々話しかけてみた。

 思えば、筆者が会社を立ち上げた30年前に心から祝福してくれたのは、広島の叔母(亡母の妹)、そして広島出身の西城秀樹さんの2人だった。ひとしきり話しをしてから、再度カメラを立ち上げて、もう一度撮影させていただいたのだが、もはやコマズレは起きず、息子さんが「西城秀樹は炎」とイメージなさったという素敵な墓石がハッキリと輝いて写っていた。

 しかし、不思議な出来事はこれだけで収まらなかったのだ。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【写真アリ】西城秀樹のお墓参りをしたらヤバすぎる心霊現象発生!! 「墓石に向かって話しかけると…」旧知の現場カメラマンが激白!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル