【逮捕】ホスト狂いの“ドン・ファン妻”に共犯者か!? 整形で別人の顔に…当局が追う“北海道の男”とは!?

関連キーワード:

,

 およそ3年の時を経て、事件が再び動きだした。和歌山県田辺市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた野崎幸助さん(当時77歳)が、2018年5月に急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、和歌山県警は妻だった須藤早貴容疑者(25)を殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕した。

 当初から須藤容疑者は捜査線上に浮上していたが、決定的な証拠がなく、一時は迷宮入りとも言われた。警察関係者は「これだけ全国的に報じられておきながら、立件できないとなると、警察の威信に関わる。和歌山県警は大量の捜査員を投入し、時には東京に人員を派遣するなど、しらみ潰しに須藤容疑者の交友関係を調べていた。途中で大阪府警も捜査に参加するなど、県をまたいでの大捕り物になった。ひとまずガラ(身柄)を挙げられてホッとしているのでは?」と話す。

 須藤容疑者もXデーが迫っているのを察知してか、ドバイに高飛びする準備を進めていたが、新型コロナウイルスにより、思うように国外に飛び立つことはできなかったという。

「須藤容疑者は韓国で整形までして逃げ切ろうと画策していた。移送される彼女はマスクをしているのでよくわからないが、テレビで流れる彼女の以前の顔とは全くの別人になっているそうだ」とは週刊誌記者。

 急転逮捕に至った背景には、当局がコツコツと積み上げてきた状況証拠がある。例えば、自宅の掃除機から覚醒剤成分が新たに検出されたことや、須藤容疑者がネットで覚醒剤について調べていたことなどが挙げられる。当局は須藤容疑者が密売人から覚醒剤を購入したとみて捜査を進めている。

「お決まりの密売人がいたというわけではなく、ネットの掲示板を通じて売人から購入した線が強い。このパターンは2016年6月に覚醒剤取締法違反で逮捕された高知東生の事件に酷似。高知の時も愛人女性がネットを通じて売人を募って購入していた」(同)

 事実、野崎さん殺害に使われた覚醒剤と高知の事件で押収された覚醒剤の成分はほぼ同一だったという情報もある。

 さらに須藤容疑者に“共犯者”がいるという情報も駆け巡っている。週刊誌デスクは「須藤容疑者はホスト狂いで、男性の交友関係が広い。当局が調べているのは、彼女の地元・北海道時代から繋がっている年上男性。野崎さんと知り合う前からの付き合いで、一連の事件で何らかの事情を知っているのではないか、とみている」という。全容が明らかになる日は来るのか――。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【逮捕】ホスト狂いの“ドン・ファン妻”に共犯者か!? 整形で別人の顔に…当局が追う“北海道の男”とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル