ローラら超・極貧生活から成り上がった美女4選!池がお風呂、ザリガニ食い、シャワーなし…

ローラら超・極貧生活から成り上がった美女4選!池がお風呂、ザリガニ食い、シャワーなし…の画像1
画像は、「ローラ公式Instagram」より

 27日、モデルのローラがテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演。幼少期の極貧だった「ジャングル生活」を告白した。

 この日、同番組の撮影のためにロサンゼルスから駆けつけたというローラは、「いつ言おうかなって思ってたんだけど」と幼少期について語り出した。1歳で両親が離婚すると、ローラは父の母国であるバングラディッシュに移住。引っ越し先はヘビや時には虎が出るような「ジャングルみたいな場所」だったそうで、いつもマンゴーの木の上で日向ぼっこをしながらマンゴーの実をかじる日々を送っていたという。さらに、「お金もすごくない家だったから、お風呂が池だった」と衝撃的な極貧生活を語っている。

 6歳で日本に戻ったローラ。しかし、父親の再婚相手は中国人で中国語しか喋れず、ローラはベンガル語のみ。学校でもしばらく会話ができず、ジェスチャーでのコミュニケーションが続いた。この頃の経験が、大きな身振り手振りで話すキャラクターの元になったと振り返っていた。過酷な幼少期を過ごしたローラだったが、26歳で再会した実母、育ててくれた中国人の母、言葉が通じないのに支えてくれた友人たちへの感謝を笑顔で語っていた。

 驚くような極貧生活を経て、芸能界で成功したタレントは多い。今回は、その一部を紹介したい。


■広瀬すず&広瀬アリス

ローラら超・極貧生活から成り上がった美女4選!池がお風呂、ザリガニ食い、シャワーなし…の画像2
画像は、「広瀬すず公式Instagram」より


 今や若手ナンバーワンの人気を誇る女優の広瀬すずと広瀬アリスも、貧しいを幼少時代を送っている。静岡で看板屋の家に生まれるも、父が病気で倒れると工場が閉鎖。多額の借金を負い、祖父から引き継いだ家や土地を手放すハメになったという。すずは14歳で雑誌『Seventeen』の専属モデルとして活躍し、若くして経済的に両親を支えることに成功している。

ローラら超・極貧生活から成り上がった美女4選!池がお風呂、ザリガニ食い、シャワーなし…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル