【閲覧注意】裸の女がベッドで“男の睾丸を摘出”するヤバすぎる光景!! 異常性癖「去勢フェチ」か、世界で相次ぐ違法手術の実態とは!?

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】裸の女がベッドで男の睾丸を摘出するヤバすぎる光景!! 異常性癖「去勢フェチ」か、世界で相次ぐ違法手術の実態とは!?の画像1画像は、「LiveGore」より

 病気の治療や性転換のために睾丸を摘出する男性がいる一方、「去勢フェチ」と呼ぶべき異常性癖に囚われて睾丸の摘出を望む男性もいる。後者が願望を実現している様子を撮影した動画を、海外の過激動画共有サイト「LiveGore」から紹介しよう。

 裸の女性がハサミなどを使って、仰向けに寝ている男性の睾丸を切り取っている。女性の手は血まみれである。男性が手を動かしたり、うめき声を漏らしたりするのは、麻酔が十分に効いていないからなのかもしれない。手術のワンシーンのようだが、女性が裸であること、手術室ではない場所であることなどから、医師免許を持たない者による違法な睾丸摘出だと考えられる。

 このような去勢フェチに関連する事件は、毎年のように世界各地で起きている。昨年7月には、豪クイーンズランド州ブリスベンに住む電気技師ライアン・アンドリュー・キング容疑者(27)が、医師免許を有していないにもかかわらず、36歳男性のペニスと睾丸を切除した容疑で逮捕された。キング容疑者は、去勢フェチが集うサイトを通して男性と知り合い、男性の要求に応じて去勢手術を実行し、その様子を撮影した動画をサイトにアップロードしたとされる。男性は病院へ搬送されて手術を受け、容体は安定しているという。警察の捜査によって、キング容疑者の自宅の冷蔵庫から、男性のものとみられる陰茎と睾丸2つが見つかった。また、去勢手術を受けるためにシドニーからやって来てキング容疑者宅に滞在していた26歳の男性も発見された。キング容疑者はADHDとアスペルガー症候群と診断されており、学校でいじめられた過去があり、精巣の成長に悪影響を与えるクラインフェルター症候群も患っていると報じられた。

 一昨年8月にも、米フロリダ州ハイランド郡セブリングで、フェチサイトで知り合った男性の睾丸を摘出した男性、ゲイリー・ヴァン・リスウィック(74)が逮捕された。事件は、ゲイリーの自宅から警察に緊急通報が入ったことで発覚した。現場を訪れた警官は、寝室のベッドで去勢されたばかりの男性を発見した。男性は病院に搬送されて、一命を取り留めたという。

 去勢フェチの男性は自らの願望を実現するのが難しいため、医師免許を持たない者に“手術”を依頼することが多い。しかし、このような形での去勢は命を危険にさらしかねない。陰茎や睾丸を切除を素人に行わせてはならない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】裸の女がベッドで“男の睾丸を摘出”するヤバすぎる光景!! 異常性癖「去勢フェチ」か、世界で相次ぐ違法手術の実態とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル