閲覧注意! 激痛で白目を剥いて痙攣…路上で犬を解体する「犬肉料理店」を取材! 中国の日常がやばい 

関連キーワード:

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

 新型コロナウィルスの感染をほぼ抑え込んだとされる中国。人々の生活は平常運転に戻りつつある。街には人が繰り出し、レストランやカフェも密だ。

 街角にある小さな食堂も中華料理店や餃子専門店も、どの店もコロナ前に戻ったが、それは「犬肉料理店」も同じだ。

 湖南省長沙にある犬肉料理店に通りかかると恐ろしい光景に出くわした。店の奥から引っ張られてきた犬が、なんと路上でさばかれ始めたのだ。

 店の女将と思われる女性が輪のついた鉄の棒で犬の首を固定すると、主人と思われる男性が首の部分に包丁を突き刺していく。輪のついた鉄の棒は、ハサミのような形状をしていることから、女将が手を離さない限り首は外れない。犬は、激痛に耐えかねて手足をバタバタ動かしている。

 主人の手さばきはかなり慣れたものだ。首の数カ所に包丁を差し込み、喉の部分をえぐっていく。動脈を切断すると、ドバトバと鮮血が流れ出してきた。数分後、「クゥゥゥ〜〜ン」と言うと、息は途絶えた。ものの数分で路上は、赤い鮮血に染まる。

 この作業はさらに続く。2匹目、3匹目が路上に連れられて来ると、同じように包丁が喉に突きつけられたのだ。恐怖におののく犬たちの怯え方は尋常ではない。全身を小刻みに震わせながら白目を剥いている。しかし、逃げることはできない。作業の途中で通りがかった男性は、「おお。犬の殺戮をしてるんかい!」と言いながらも立ち止まることはなかった」。取り立てて気にするそぶりも見せない。

 主人と思われる男性は、3匹の犬を絶命させると、大きなたらいに熱湯を注いで犬の毛をむしり始めた。こうすることによって、簡単に毛をむしることができるからだ。1時間もすると3匹の犬は厨房の中にいた。

「食用の犬は業者から運ばれてくるんだよ。ほぼ毎日2〜3匹捌いているね。夜が多いかな。犬にとっては災難だろうけど、我々も食べていかなければならないんだ。かわいそうだと思うけど仕方ないさ。湖南省では犬肉は普通に食べられているよ。市場でも売っているしね。この店は始めてから15年くらいになるかな。子どもたちも大きくなったので、今では店を手伝ってもらっている。コロナの頃は店も営業できなかったけどもう大丈夫さ。うちの自慢の料理をみんなに食べてもらえるようになった。犬はコクがあっておいしいよ。せっかくだからなんか食べって行って! 犬鍋や生姜焼きなんかもあるし。もちろん写真を撮ってもいいよ!」(主人と思われる男性)

 この作業は誰でも見ることができた。わざわざ路上で行ったのは、車道面と歩道面の段差を利用したかったからだ。首を段差のところに固定することによって包丁が入れやすくなる。それにしてもほぼ毎日のように行われている犬の屠殺作業。これからも続けられることだろう。

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

閲覧注意! 激痛で白目を剥いて痙攣…路上で犬を解体する「犬肉料理店」を取材! 中国の日常がやばい のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル