虐待、小児性愛、アドレノクロム、爬虫類人間…映画『野良人間』に隠されたメッセージをデイブ ・フロムが読み解く!


◆地球支配しているレプタリアンは人間の血を求めている

――姿を自由自在に変化させる「シェイプシフト」というやつですね。

デイブ そうやって人間に姿を変えたエリート支配層のレプタリアンたちは人間の血を吸うというのです。人間はいろいろなエイリアンの血が混ざっているハイブリッドで高度な人種とされています。なぜ彼らが人間の血を欲するのかと言えば、レプタリアンは人間の高度な血を吸わないと次の次元に行けないのです。

画像は「Getty Images」より引用

――レプタリアンは3次元でしか活動できないと聞きました。

デイブ そうですね。地球を支配しているエリートの頂点とされるイギリス王室やバチカンなどはレプタリアンだとデイビッド・アイクは語っています。レプタリアンは高い次元に上昇するために、子どもたちを集めて生き血を採るのです。あとは、長生きするためにも飲んでいる。つまり、子どもの血液採取などに教会を利用しているのではないかというぶっとんだ話です。

 そういえば、最近、エリザベス女王の夫であるフィリップ殿下が99歳で亡くなりましたね。まあ、よく生きたなと。レプティリアンの頂点とされるエリザベス女王の補佐役の死は、今のレプティリアン支配の体制が崩壊する予兆ではないかという話もありますね。エリザベス女王は、シェイプシフトするなどレプタリアンであることがバレ始めていますからね。

――故・フィリップ殿下はものすごいUFOマニアだったと言いますから、自分の先祖について調べていたのではないでしょうか。

デイブ ヘンリー王子はメーガン妃と結婚してイギリス王室から離れましたが、そろそろ今の地球の支配者の秘密が暴露されると感じ取ったから離れたとか。イギリス王室の崩壊も近いかもしれません。

――ダイアナ妃がチャールズとエリザベス女王が人間の子どもを食べているのを見てしまって、「やつらはトカゲだ。人間じゃない!」と言っていたらしいですね。

デイブ ダイアナ妃が秘密を暴露するのを恐れてイギリス王室が殺害したのではないかと言われていますね。まあ、この世の裏側が今、暴かれつつあるのだと感じています。

――デイブさん、『野良人間』からこの世の恐るべき事実や人類創世の秘密まで話が遠大に展開しました。非常に興味深く聞かせていただきましたが、最後にトカナ読者に向けて本作をアピールしていただければと思います。

デイブ 僕は親父が宣教師だったということもあり、キリスト教的な視点で見ると『野良人間』は非常に味わい深いと感じました。野生児の子どもたちにイエス・キリストへの教えを説き、魂の救済をしようとする神父の純粋さが破滅に転がり落ちていく様は、ぞくぞくするほどエキサイティング。見終わった後の後味の悪さは、とにかく最高ですので、ぜひ見て下さい!

――ありがとうございました!

 

【人か、獣か?】
ロッテン・トマト驚異の100%!!
全米評論家大絶賛の超問題作!

『野良人間/獣に育てられた子どもたち』
禁断の予告編、遂に解禁!

公式サイト:https://nora-ningen.com/

トカナ配給の超禁断映画『野良人間/獣に育てられた子どもたち』あまりにもヤバい予告編解禁!! カメラが捉えたおぞましい真実に戦慄!の画像1

カメラが捉えていたおぞましき事実。
“ラ・ヨローナ”伝説を超える衝撃!
30年前、メキシコの山奥で何が起こったのか?

『カニバ/パリ人肉事件37年目の真実』『アントラム/史上最も呪われた映画』『NETFLIX/世界征服の野望』で日本を震撼させてきたトカナが配給する最新映画は、あなたの想像の範疇を完全に超えたショッキング・ドキュメンタリー!!

『透明人間』でも『ムカデ人間』でもなく、野良犬でも野良猫でもない、“野生の人間”こと「野良人間」にまつわる衝撃の記録――。メキシコ全土を揺るがした、忌まわしき事件の知られざる真実に迫る映画『野良人間』に打ちのめされろ!!

トカナ配給の超禁断映画『野良人間/獣に育てられた子どもたち』あまりにもヤバい予告編解禁!! カメラが捉えたおぞましい真実に戦慄!の画像2

~STORY~
メキシコ・オアハカ州の人里離れた山中に佇む一軒の荒屋。
そこでは、“ある目的”のために聖職者によって「野良人間」が保護されていた。
社会生活に触れた野良人間と聖職者の関係は徐々に変化し、
やがて彼等の生活は恐ろしい事態へと転がっていく――。
現在は焼失したこの場所で、今回初めて発見されたビデオテープと日記から、
あまりにも衝撃的な真実が暴かれる。

★ ロス・カボス国際映画祭2018「FEPRESCI賞(国際映画批評家連盟賞)」「アート・キングダム賞」「最優秀メキシコ新作部門賞受賞」受賞
★ STUFF MX(2019年)「最優秀国際長編映画賞」受賞
★ レイブンハート映画祭2019 「最優秀監督賞受賞」「デジタル映画賞」受賞
★ インソリート恐怖幻想映画祭2019「芸術貢献賞」受賞
★ 映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」にて最高評価100%!

映画『野良人間/獣に育てられた子どもたち』
監督・脚本:アンドレス・カイザー
製作:ニコール・メイナード・ピント、マルコ・アントニオ・サルガド
美術監督:クラウジオ・サルバドル・コントレラス/音楽:カルロ・アイリョン
出演:エクトル・ノゲーラ、ファリド・エスカランテ、カリ・ロム、エリック・ガリシア ほか
<2018年/メキシコ映画/カラー作品/101分>
© CINE FERAL, S DE RL DE CV/協力:エデン/配給:TOCANA http://www.tocana.jp

トカナ配給の超禁断映画『野良人間/獣に育てられた子どもたち』あまりにもヤバい予告編解禁!! カメラが捉えたおぞましい真実に戦慄!の画像3

『野良人間/獣に育てられた子どもたち』
2021年5月21日(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、
新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!

公式サイト:https://nora-ningen.com/

文・取材=白神じゅりこ

★白神じゅりこ

新感覚オカルト作家。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。

白神じゅりこ運営のYou Tubeチャンネル『滅亡ちゃんねる』
執筆記事の解説など、旬な都市伝説・オカルト・スピリチュアル情報を発信!

DEEP RED YouTubeチャンネル『白神じゅりこの「ほんとにあったリアル都市伝説」』

ブログ「滅亡日誌」http://julinda.blog96.fc2.com

 

白神じゅりこの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

虐待、小児性愛、アドレノクロム、爬虫類人間…映画『野良人間』に隠されたメッセージをデイブ ・フロムが読み解く!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル