【閲覧注意】麻薬カルテルと警察の大規模銃撃戦発生! 死者28人の“超壮絶殺し合い”は合法な作戦か、違法な虐殺か!?=ブラジル

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】麻薬カルテルと警察の大規模銃撃戦発生! 死者28人の超壮絶殺し合いは合法な作戦か、違法な虐殺か!?=ブラジルの画像1画像は、「Gore Brasil」より

 ブラジル・リオデジャネイロ北部に位置するジャカレジニョで今月6日、警察による麻薬密売組織の掃射作戦が展開され、警官を含む28人が死亡した。このときの様子を撮影した映像や画像が海外の過激動画共有サイト「Gore Brasil」で公開されている。

 地面に転がっているのは、射殺された麻薬密売組織のメンバーの遺体である。頭や腹を撃たれた遺体の周りには大量の血が見られる。人々が悲惨な光景を遠巻きに眺めている。

 死者のうち、警官はアンドレ・レオナルド・デ・メロ・フリアスさん(48)で、他の27人のうち25人が前科を有する者たちだったという。3人の死者は麻薬密売の罪で指名手配されていた。一方、ブラジル弁護士会(OAB)は警察の情報に疑問を呈し、死者の全員が犯罪者であったわけではないと述べている。人権団体は今回の作戦を非難し、不正行為を調査するよう求めている。

「誰もが犯罪者であるとは限らないことはもうお分かりでしょう。警察に一度も逮捕されたことがない人もすでに特定されています。もちろん、逮捕されたことのある人もいれば、刑期を終えた人もいます」(OAB会長、アルバロ・キンタン氏)

 市民警察は、地元の麻薬密売人が子供や青年に犯罪行為を勧めているという報告を受け、6日に作戦を開始したと述べた。地下鉄の利用客2人が巻き込まれたが、命に別状はなかった。フェイスブックの投稿で、市警事務局のフリアス氏は「地下鉄で巻き込まれた罪のない被害者の件を残念に思います」と述べた。市警はアンドレさんの死に関するフェイスブックの投稿で、今回の作戦の必要性を強調した。

「今回の作戦は具体的な情報と調査情報に基づいていました。当時、犯罪者は強く抵抗し、逃げるだけでなく、殺そうとしてきました。残念ながら、ギャングによるこうした銃撃戦は、犯罪組織の勢力を削ぐための作戦の重要性を証明しています」

 人権団体は、今回の作戦で行われた可能性のある虐殺の調査を求めている。非政府組織「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は声明の中で、「リオデジャネイロ検察庁(MPRJ)は、ジャカレジニョで本日(6日)開始された作戦について、徹底的かつ独立した調査を直ちに開始すべきです」と述べた。6日夜、MPRJは、警察当局が受け取った虐殺の申し立てを調査すると発表した。

 ブラジルでは警察と犯罪組織との衝突は深刻な社会問題である。警察の掃射作戦が合法・正当な行動なのか、それとも違法・不当な虐殺なのかの議論は尽きない。たとえ秩序の維持が目的であっても、おびただしい数の使者を出している警察の方針は見直されるべきであろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】麻薬カルテルと警察の大規模銃撃戦発生! 死者28人の“超壮絶殺し合い”は合法な作戦か、違法な虐殺か!?=ブラジルのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル