【閲読注意インタビュー】世界一ウンコを食べた男・山本竜二が女優とのクソ体験を全暴露! 死にかけたウンコも…伝説の俳優がヤバい!

関連キーワード:

,

,

 俳優・山本竜二といえば、昭和の大俳優・嵐寛寿郎を叔父に持ち、ドラマ『水戸黄門』からNHK大河ドラマまで出演している名脇役だ。しかし、彼には別の顔がある。ウィキペディアでは、アダルトビデオ・ゲイ・スカトロ・超熟女・ゲロ・フケ・経血・ニワトリ・老婆などが専門ジャンルと明記されるほどスペシャルな男優として一部で絶対なる人気を誇る怪優なのだ。なにしろ、伝説のAV男優ゴールドフィンガーこと加藤鷹いわく、「世界一ウンコを食べた男」が山本竜二なのである。

 果たして、山本竜二とはどんな男なのか? そしてウンコは食べ物なのか? すでにAVを引退し、東京・高円寺で居酒屋『竜ちゃん』を営む伝説の男に会ってきた。


──お久しぶりです! 以前、別のインタビューでお話を聞いたときに、竜二さんの経験があまりにも凄すぎたので、ぜひまたお会いしたいと思いまして。

山本竜二氏(以下、竜二) それは嬉しいですね。僕はご存知の通り、大河ドラマからスカトロまでジャンルは問いませんから(苦笑)。


──何が凄いかって大河からスカトロという流れじゃなくて、スカトロから大河という昇り龍的な流れですもんね。

竜二 これもすべてファンの皆さんのお陰と、やっぱりスカトロだけにウンがいいと(笑)。

──相変わらず、ウンコネタは外しませんね(笑)。でも、思うんですよね。竜二さんはそもそも叔父さんが昭和の大名優、嵐寛寿郎さんで、親戚にはやはり大女優の森光子さんがいたじゃないですか? はっきり言って俳優としてはサラブレッド的な存在なのに、それがなぜ、よりによってウンコと関わるようになったんですか?

竜二 いやぁ、そう言われると面目ないですよねぇ、いろいろと(苦笑)。


──面目ないというか、“あちらの業界”では神のような存在なんですけどね。

竜二 神じゃないですよ。「山本竜二はウンコの食べ過ぎで死んだ」とか言われるような存在ですよ(笑)。


──新宿で歩いていたらスカトロファンのヤクザの組長に「山本竜二じゃないか、お前生きてたのか、良かった!」と言って、お小遣いを渡されたという伝説も(笑)。

竜二 ありましたね。あの世界の人たちはAVといってもウンコものしか見ないので、僕がちょっと出なくなったら、即死んだと判断するんですよ。


──世界一ウンコを食った男と言われてますからね(笑)。で、なぜ、そんなことになったんですか? だって、もともと京都太秦の大部屋俳優でスタートして、東京でも俳優活動してたわけですよね?

竜二 東京で俳優をやってるっていってもそう簡単に役はつかないし、順調に行きかけたら所属事務所が潰れたりとかね。なので、飯を食うためにはポルノ、AVと出るようになっていったんですよ。そういう中で、ある日、AV女優の高橋樹里ちゃんと飲んでる時に、「竜ちゃん、ちょっと相談があんねん。私、ちょっと竜ちゃんには言ってへんかったけど、スカトロのビデオに出てて、最近そこのメーカーの社長さんが、男優さんがいなくて困ってはるんやけど、竜ちゃん、やってくれへん?」って言われたわけですよ。その時、僕はスカトロがなんだか知らなくて「スカトロってなに?」って聞いたぐらいなんですね。


──あ、そうだったんですか?

竜二 そうなんですよ。そしたら樹里ちゃんが「ウンコを出すの」とかいうから冗談じゃなく「フ〜ン」って言ったぐらいで(笑)。で、樹里ちゃんのことも好きだったし、ここで恩を売っておくとあとでいいこともあるかもと思って「いいよ。社長さんに電話してって伝えて」と軽く答えたら、すぐに電話がかかってきて「樹里さんからお話は聞きました。ぜひお願いします!」と言うわけです。


──トントン拍子に決まってしまったんですね。

竜二 ところが、こっちは初めてのジャンルじゃないです? だから、「どんな内容なんですか?」と聞くと急に「う〜ん、それは電話ではとても説明しづらいんで直接事務所に来てくれますか」とこうですよ(笑)。


──ヤバい感じがぷんぷんしますね。

竜二 でしょ。でもね、僕は事務所に行くわけですよ(笑)。それで「社長、どういう内容なんですか?」と聞くとやっぱり「う〜ん、山本さん、実は口でも説明しづらいんで、直接このビデオを見てくれませんか」と言ってモニターをつけるといきなり女の子のお尻がアップで映しだされるんですね。で、しばらくすると女の子の肛門がグーッと下がってきてポコッとウンコの先がのぞくわけです。そのウンコは、いわゆる一本糞状態でグーンと下に伸びてきてポトッと落ちる。カメラマンも慣れたもので、その落ちるウンコをパーンダウンして追っかけると、次の瞬間、そのウンコは下にいたおじさんの口の中にパクッと入っちゃったんです。そこで社長さんがピッとビデオを止めて「山本さん、実はこの男優が最近いなくなりました」と(笑)。

──うわぁ〜、最初からそれですか!

竜二 だから、僕も「考えさせてください」と言ったわけですね(笑)。

──考える余地があるっていうのが凄いんですけどォ。

【閲読注意インタビュー】世界一ウンコを食べた男・山本竜二が女優とのクソ体験を全暴露! 死にかけたウンコも…伝説の俳優がヤバい!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル