「記事を取り下げろ!」ガッキー&星野源“逃げ恥婚”の裏で激怒事件が発生! ガッキーは妊活専念、引退も

関連キーワード:

,

,

画像は「TBS」より引用

 

 人気女優の新垣結衣と歌手の星野源が5月19日、電撃結婚を発表した。ともにコメントを発表し「これからも互いに支え合い豊かな時間を積み重ねていけたらと思っております。未熟な二人ではございますが、温かく見守っていただけますと幸いです」などと報告。2人と言えば、2016年のTBS系ドラマ「逃げるが勝ちだが役に立つ」で夫婦役を演じた間柄。まさか現実世界でも夫婦になるとは……。

 気になるなれそめについては、今年1月に放送された「逃げ恥SP」で久しぶりに再会し、互いにフリーだったことから、逃げ恥絡みのすべての仕事を終えた後に正式に結婚前提の交際をスタートさせたという。これにスポーツ紙芸能関係者は「さすがにデキすぎ。特に星野は『超』が付くモテ男。2人ともタイミング良く“フリー”で、運命的な再会なんてドラマじゃあるまいし、ありえない」と笑う。

 2人はかねて同じマンションで別部屋に住んでいた。3年前の時点で交際説が浮上し、一部週刊誌が裏取りに走るなどウワサはあった。

「結局、マンション内同棲だから手も足も出なかった。交際時期を“改ざん”したのは、大ヒットドラマ“逃げ恥”の世界観を壊さないようにするためだと言われています」(同)。

 結婚と同時に発表されたのは、新垣の事務所退社だった。結婚を機に所属していた「レプロエンタテインメント」との専属契約を終了。今後は同社のサポートを受ける新しい形で、より自由に活動することを決めた。実は一報が流れた際、レプロの関係者が烈火のごとく怒り狂う“事件”が起きていたという。

「『新垣結衣は退社、フリーに』と一部メディアが報じ、ブチ切れたんです。退社後もレプロは彼女をサポートするわけで『独立ではない!』『記事を取り下げろ!』と、当該メディアに猛抗議して見出しを強制的に変えさせていました。ただし、吉本興業が取り入れたエージェント契約のようなものかと思ったら、そこまでカチっと決まってはいない様子。新垣サイドが退社を強硬に主張したと言われています。何らかの事情で“辞めたくて仕方がなかった”のではないか」(ワイドショー関係者)

 新垣は事務所の“象徴”で稼ぎ頭。もっか芸能界ではコロナ禍ということもあり、人気俳優の退社・独立があとを絶たない。「米倉涼子らが次々と辞めたオスカープロモーションしかり、女社長のセクハラ疑惑が報じられたスウィートパワーしかり、看板俳優に独立されると、事務所自体が『落ち目』と言われてしまう。レプロが頑なに独立を否定したのは、第2、第3のガッキーを生まないためとみられます」(前出スポーツ紙記者)

 新垣は来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演予定。しかし再来年2023年以降のスケジュールは白紙と言われている。テレビ関係者によると「新垣は出産願望が強い。レプロが入れた仕事を終えた段階で、妊活に専念。そのまま芸能界からのフェードアウトも考えているようだ」という。ガッキーの笑顔が見られるのもあとわずかかもしれない――。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「記事を取り下げろ!」ガッキー&星野源“逃げ恥婚”の裏で激怒事件が発生! ガッキーは妊活専念、引退ものページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル