二度と観られない! 2本の“ジャパニーズ・キングコング”を【封印映画】専門家の天野ミチヒロが徹底解説!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

 海外で大ヒット中の『ゴジラ対コング』だが、日本公開が新型コロナの猛威で再び延長! 鑑賞した人達がネット上に感想を上げていて、その中には重要なネタバレもあるのでホント勘弁して欲しい。必死に耳を塞ぐ日々を送る我々は、一体いつになったら作品を観る事ができるのか? というワケで、今回はそれまでの穴埋めとして日本で製作されたキングコングの珍作をお送りしよう。

 世界初の『キング・コング』が公開された1933年、製作した本家RKOの日本支社と神戸にあった千鳥興行が日本での配給権を巡ってバトルを繰り広げている間、ちゃっかり松竹キネマが便乗して『和製キング・コング』を作ってしまう。当時主流だったサイレント(無声)映画で、『全部精神異常あり』(29年)や『美人暴力団』(30年)などで「喜劇の神様」と呼ばれた斎藤寅次郎が監督を務めたスラップスティックコメディだ。

和製キング・コングのスチール写真。画像は「Wikipedia」より引用

 その日暮らしのルンペン(役名はない)にはお光という恋人がいるのだが、そんな男と娘の交際を許さない父親は強引に2人を別れさせる。お光との復縁を認めてもらうためルンペンが金儲けを考えながら浅草を歩いていると、アメリカ映画『キング・コング』の看板が目に留まる。これが大ヒット中であることを知ったルンペンは、自分がキング・コングのヌイグルミを被る「和製キング・コング」の見世物を興行師に持ち掛ける。

 これが大当たりして会場は連日満員御礼となるが、ルンペンは客席の中にお光とキザ男(父親が押し付けた)がカップルで座っているのを発見。会場から出て行った2人を追い、ルンペンがキング・コング姿のまま外に飛び出したものだから町は大騒ぎに! 鎖を引き千切ってニューヨーク市中に現れた本家キング・コングより遥かにスケールは小さいが、ともかく大騒動となる。大捕物が始まり民衆らがキング・コングを追いかけるのだが、その中に青年団のアンチャン達や弓矢を持つ古武士姿のオッサンが混じっている。これは斎藤監督が笑いを取るため他の作品でも使用する定番ギャグだ。

 ルンペンは追っかけ連中がやって来る前にお光達に追い付き、突如本物のキング・コングのような怪力を発揮、男を制圧して自分のヌイグルミを着せて縛りあげてしまう。哀れキング・コングにされたキザ男は見世物にされ、ルンペンは興行師から売り上げのマージンをたんまり貰い、ついにお光を取り戻すのであった。

 実はこの作品、当時の大スター・市川右太衛門(北大路欣也の父)が設立した右太プロ作品『放浪の名君』(古野栄治監督)の併映作品として添えられた20分弱の短編に過ぎなかった。それでも映画評論家の北川冬彦は『キネマ旬報』(1933年10月下旬号)で「定評ある斎藤監督の手法は、この画を絶好の添物にしている。見れば誰をも笑わせる佳作である」と、その興行的価値を評価している。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

二度と観られない! 2本の“ジャパニーズ・キングコング”を【封印映画】専門家の天野ミチヒロが徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル