地下食堂の日本兵、異空間に続く扉、渥美清が放った“謎の言葉”…! 松竹と大船にまつわる最恐の心霊体験を現場カメラマンが暴露!

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIMONときはる」が今明かす真実!

 幼少期、東海道線の車窓からよく見えることからいつも気になっていた大船観音寺(神奈川県)の巨大な白衣観音像。中学2年生の時(昭和49年)、祖母と一緒に初めて大船で下車して観音寺の階段を登り、間近で見る観音像に心を奪われていると突然、とある男性(以下、A氏)が祖母に声をかけてきた。

地下食堂の日本兵、異空間に続く扉、渥美清が放った謎の言葉…! 松竹と大船にまつわる最恐の心霊体験を現場カメラマンが暴露!の画像1
左:大船観音寺の巨大な白衣観音像  右:西城秀樹さんと早乙女愛さん(提供:YAHIMIONときはる)

 A氏は松竹株式会社に勤める祖母の知人で、「撮影所を見学しませんか?」と誘ってくれたので、そのまま徒歩で松竹大船撮影所へと向かった。撮影所の庭では映画『愛と誠』のフォトセッションが行われており、主演の西城秀樹さんと早乙女愛さんが、カメラマンの「視線下さい」という言葉に笑顔で応えていた。

 2人のオーラに圧倒され、その風景を呆然と眺めていた筆者に、A氏は「一度、銀座の本社にいらっしゃい」と言った。今思えば、観音像に導かれたこの日の出来事こそが、後に芸能写真家となる筆者の人生を決定づけると同時に、これから起こる一連の怪現象の始まりだったのだ。


■地下食堂での恐怖、試写室の違和感

 大船での出会いの翌月、A氏の言葉に甘えて新富(東京都中央区)にあったアールデコ建築の旧松竹キネマ本社を一人で訪ねた筆者。出迎えてくれたA氏は地下の食堂に案内してくれたが、そこには10人ほど日本兵の格好をした人が座っていた。その姿を見て「すごい! 本物の役者さんたちだ」と興奮していたのだが、次の瞬間、A氏がこう言ったのだ。

「 2 人 だ け な ん て 、 今 日 は 貸 切 だ ね 。 ク リ ー ム ソ ー ダ で い い か な ? 」

 息が止まるほどの驚きとともに再び日本兵たちに目を向けると、テーブルには飲み物も食べ物もなく、全員が下を向いて目を閉じている。もともと霊感が強かった筆者ではあるが、さすがに言い知れぬ恐怖を覚えて食堂の外の廊下へと目を逸らすと、A氏は間髪入れず「あっちは関係者の試写室なんだよ、ついてきて」と言う。

地下食堂の日本兵、異空間に続く扉、渥美清が放った謎の言葉…! 松竹と大船にまつわる最恐の心霊体験を現場カメラマンが暴露!の画像2
左:旧松竹キネマ本社  右:地下試写室の椅子(提供:YAHIMONときはる)

 促されるまま入った試写室には、映画館と同じ椅子が100席ほど設置されていた。薄暗く静まり返った空間だったが、得体の知れない霊気が漂っていると感じたことをハッキリ覚えている。

 後で知ったことだが、この場所には明治初期に遊郭があったのだという。集まってくる日本兵、そして恐ろしい霊気――。これらは決して無縁ではなかった気がする。

 その後、数年にわたりA氏から何度か関係者試写会にご招待いただき、そこで声をかけてくださった人の紹介もあって筆者は芸能写真家になることができのだが、この地下試写室に対する違和感だけはいつまでも拭うことができなかった。


■大船撮影所、謎の扉の向こうに……!

地下食堂の日本兵、異空間に続く扉、渥美清が放った謎の言葉…! 松竹と大船にまつわる最恐の心霊体験を現場カメラマンが暴露!の画像3
渥美清さん(撮影:YAHIMONときはる)

 さて、最近になって筆者は、芸能写真家として忙しい日々を送っていた1981年に『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』のマスコミ向けフォトセッションで撮影した、若き日の渥美清さんのカラーポジをたまたま見つけた。この写真を世に出すのはこれが初めてだが、じっくり眺めていると、ふと、この時に経験した奇怪な経験が思い出されてきた。

 実はこの写真が撮影された日、フォトセッションの後、松竹大船撮影所では不可解なカメラトラブルが起きて撮影が数時間押してしまい、スタジオ撮影が終了したのは真夜中のことだった。最後まで現場にいた筆者は電車の始発を待って帰宅するつもりでいたのだが、ぽつんと一人で時間を潰していると、名前も顔も知らない記者(のような風貌の男)に突然「黙ってついてきて」と耳打ちされた。怪しい男だと思ったが暇を弄んでいたため後を追うと、いつの間にか見慣れない建物に入り、そこにある古い扉を開けて地下へと続く階段をどんどん下っていく。

地下食堂の日本兵、異空間に続く扉、渥美清が放った“謎の言葉”…! 松竹と大船にまつわる最恐の心霊体験を現場カメラマンが暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル