【独占】美女6人の心臓を数十回メッタ刺し… 連続殺人鬼「クレアモントキラー」と交流する日本人学者が激白! 笑顔の裏とまさかの現在

★気鋭の教育学者・阿部憲仁がシリアルキラーの実像に迫る「凶悪犯プロファイル」シリーズ★

 クレオファス・プリンス・ジュニアは1967年生まれの連続殺人鬼で、1990年に米カリフォルニア州で6人を殺害した。その手口は、あらかじめターゲットに定めていた白人女性6人の心臓周辺、左胸部を何度も刺して殺害するというもの。うち3人は自分の友人が住むアパートメントの住人であった。犯行が行われたサンディエゴの地域名から『クレアモントキラー』と呼ばれる。

【独占】美女6人の心臓を数十回メッタ刺し… 連続殺人鬼「クレアモントキラー」と交流する日本人学者が激白! 笑顔の裏とまさかの現在の画像1
画像は「Wikipedia」より引用

■「クレアモントキラー」プリンスとは何者か?

 米アラバマ州出身のプリンスは、1989年10月に窃盗で海軍から除隊を命じられ、その2カ月後にサンディエゴにやって来て犯行を開始した。目星の女性の後をつけ、プールやジム、シャワーなど相手が最も無防備な状態を狙って攻撃。左胸部をナイフで数十回にわたって執拗に刺し、その傷の深さは約15cmまで達した。

 逮捕のきっかけとなったのは、被害者の一人がシャワーを浴びている最中に物音を耳にして飛び出し、隣人に通報したことだった。プリンスはそのまま車で立ち去ったが、女性はその車のナンバーを書き留めていた。後日、彼女がスポーツジムを利用中、警戒中のスタッフがプリンスの車が駐車しているのを発見、警察に通報した。唾液とDNAサンプルから他の殺人事件との関係も明らかになり、プリンスは逮捕された。逮捕時、彼は自分が殺害した女性の結婚指輪を自分のネックレスに付けていたという。

■私の知っているプリンス

 私がプリンスにコンタクトを取り始めたのは、彼がペンパル募集用の写真で見せている笑顔と、彼が実際に犯した極悪非道な殺害とのギャップに注目したからだった。

【独占】美女6人の心臓を数十回メッタ刺し… 連続殺人鬼「クレアモントキラー」と交流する日本人学者が激白! 笑顔の裏とまさかの現在の画像2

「死刑囚たちのマグショットの中で、君の笑顔があまりにも輝いていたからどんな人なのかなぁ、と思って思わずコンタクトを取ってしまったんだ」と書くと、案の定「俺は実際に殺人なんか犯していないんだ。全部状況証拠ばかりで固められただけ。真実を知っているのはごく一部の人間だけさ」といった答えが返って来た。現行犯ではないということを強調したいのだろう。「へー、そうなんだ。知らなかったよ」ととぼける私。

 取り敢えずはそういう事にしておいて、周辺情報から判断する方向に転向する。しかし、私が内心では犯人だと決めつけているという臭いが嗅ぎ取れるのだろう。そんな時の彼は、非常に攻撃的な口調になる。

「まるで俺が実際にやったみたいな言い方だな」

 一部の人間、特に連続殺人犯は、相手を「コントロール」する能力が凄まじい。思い通りに相手が動かないと、すぐにへそを曲げる。正直、嫌な奴だ。

 試しに(米ドルで)500円を送ってやると「今時その程度の額を送ってくる奴なんかいないよ。最低でも2000円だよ」といった始末だ。

 趣向を変えて、子供時代の話に話題を変える。

「どんな家だったの?」

 こんな普通の質問も彼にとっては、殺人犯という断定の上での幼少期についての質問に取れるようで、その回答からはある意味、被害妄想に近いものを感じた。

「うちは母親だけだったからね。親父は刑務所に行ってたから」

「なんで?」

「殺人だよ」

 喧嘩かなにかで相手を撃ち殺してしまったらしい。

「寂しくなかったの?」

「いや、オフクロが定期的に刑務所に面会に連れて行ってくれたからね」

「お母さん、優しかったんだね?」

「いや、一人で父親と母親の両方をこなそうと必死だったんだと思う。よくベルトで尻を叩かれたりもした。でも悪いのは俺の方だったから」

 あくまでプロとしての想像しかできないが、(本人の口から語られた)子供時代のプリンスは、あまりにも年相応の自分を押し殺し「良い子」を演じすぎていたのではないかと私には映った。父親が最も必要な思春期に刑務所で不在であったことは分かるにしても、気性が荒く一生懸命に頑張っている母親の下で良い子を演じざるを得なかったのかもしれない。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

【独占】美女6人の心臓を数十回メッタ刺し… 連続殺人鬼「クレアモントキラー」と交流する日本人学者が激白! 笑顔の裏とまさかの現在のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル