米倉涼子が『ドクターX』続編の出演を決めた本当の理由とは? タンゴダンサーとの愛も…

関連キーワード:

,

,

米倉涼子が『ドクターX』続編の出演を決めた本当の理由とは? タンゴダンサーとの愛も…の画像1
画像は「Desafio」より引用

 女優の米倉涼子が主演するメガヒットドラマ『ドクターX~ 外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第7シリーズが10月期の木曜午後9時のドラマ枠で放映されることが発表された。おなじみの内田有紀や岸部一徳、遠藤憲一、勝村政信らも顔をそろえ2年ぶりに復活する。

「テレビ朝日は視聴率20%前後を取ることができる『ドクターX』をどうしても制作したいと、4月上旬まで米倉サイドと交渉をしてきました。米倉は特定のキャライメージがつくことを嫌って難色を示していましたが、独立したことで、ギャラも1本あたり400万円が総取りできる。周囲が説得したことで出演を決めたようです。また今年2月に開設した年会費5500円のファンクラブ『よねさんち』 の会員数が伸び悩んでいることも出演を後押ししました。今回の出演で会員数を増やしたいもくろみです」(芸能関係者)

 プライベートでも変化が訪れているという。米倉はこれまで2003年から市川海老蔵と交際。2014年には年下会社経営者と結婚もモラハラを受けすぐさま離婚。その後もジャニーズ嵐の松本潤とウワサになるなど恋の迷走を続けてきた。

「現在の彼氏、タンゴダンサーとは順調に愛をはぐくみ、ようやく平穏な時が流れているようです。ただ、過去の失敗から再婚には慎重になっています。くわえて金銭面で米倉がダンサーの面倒を見ているヒモ状態です。都内の超高級マンションで同棲していますが、家賃は米倉が払っていますし、 乗り回しているクルマも米倉所有の高級車です。金銭面がクリアになったところで再婚する運びになりそうです」(前出の同)

 第7シリーズの舞台はパンデミックで医療崩壊が起きている「東帝大学病院」。権力闘争と感染危機を大門がどう乗り切るのか。10月の放送が楽しみだ。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

米倉涼子が『ドクターX』続編の出演を決めた本当の理由とは? タンゴダンサーとの愛も…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル